「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

『最善主義が道を拓く』紹介記事@「ダ・ヴィンチ」

私は本が好きなので、よく月刊「ダ・ヴィンチ」をチェックするのですが、その最新号(2010年1月号)に、先ごろ幸福の科学出版から発刊された『最善主義が道を拓く ハーバード大学流 幸福論』の紹介記事が載っています!

CAL4P31S.jpg

完璧な成功ばかり追い求めていては、不幸になる!?
ハーバード大学人気ナンバー1講義『HAPPIER』に続く第2弾
不安な時代の「幸せ」のつかみ方、正解はここにある!


ハーバード大学人気ナンバー1講義「ポジティブ心理学」を紹介し、全世界的に話題となった『HAPPIER』から2年。
幸福学の先駆者であるタル・ベン・シャハーがまたやってくれた。
新しい幸福論の第2弾は、完璧さを求めすぎる現代人の心に警鐘を鳴らし、今の時代に幸せになるための「最善主義」のすばらしさを説く注目の本だ。


──ということで、「あなたは完璧主義者or最善主義者?」というチェックリストなどを用いつつ、この本の魅力に迫っています。

記事から、少し引用してみます。

本作で新たに論じられるのは「完璧主義」という名の不幸の種だ。
多くの現代人は「幸せな人生」を求めていながら、実は知らず知らずのうちに「完璧な人生」を目指す「完璧主義者」だと著者は指摘する。
自らの理想と完璧に一致しなければ成功と捉えられず、極度に失敗を恐れ、失敗すれば折れてしまいかねない状態。
だが、本当に幸せになるためには、そこから視点を変え、失敗を教訓化し現実をありのまま受け入れ目標に向かっていく「最善主義者」を目指すべきだというのだ。

私たちは誰もが「完璧主義者」と「最善主義者」の両面を持つと著者は言う。(中略)
そこで大切なのは、自分の完璧主義な面を否定するのではなく、自覚した上で最善主義者になるべく努力していくことだ。
うれしいことに本書には「タイム・イン」や「エクササイズ」を通じて最善主義への実践的なトレーニングができるようになっている。
ただ読むだけでなく、これらを有効に活用し自分の中に取り込めば、不安な時代の中で確実に幸せに近づく方法がきっと身に付くことだろう。


……実は私も、この本、買いはしたものの、積ん読状態だったのですが、ここらで、ちょっとひもといてみたくなりました。
みなさまも、よろしければぜひどうぞ♪

(Just click each banners below once a day. Thank you!)
(↓もしよければ、1日1クリックずつ頂けたら嬉しいです♪)
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム