「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

大川隆法総裁 高松&岡山&広島での演説詳細

さてさて、さらに引き続き、幸福実現党HPの「ニュース」のところにUPされている大川隆法総裁の街頭演説の詳細を転載したいと思います。
8月21日に高松で行われたものと、8月22日に岡山&広島で行われたものを、一挙に!


幸福実現党・大川隆法総裁
四国・高松市で街頭演説


幸福実現党・大川隆法総裁は、21日午後2時45分、高松駅前で演説を行い、弘法大師空海の作った満濃池のたとえから話をはじめました。

「満濃池は、今で言えば公共事業であり、本来は政治の仕事だが、空海は見るに見かねてやった。私たちが今、感じ、行動していることもほとんど同じ。いま私たちがやっている努力は、必ずや後世の人たちを救い、喜ばせる仕事へとつながっていく。これは、大事な大事な仕事なのです」
と、支援者たちを力強く励ましました。

そして、日本では十分に理解されていないが、インドでは新聞だけでなく、テレビでも大川総裁の講演が流れて幸福実現党のことが紹介されていることを指摘しつつ、
「幸福実現党は、10 年不況や北朝鮮のミサイルという、まだ見えない『国難』と戦おうとしている。それが分かるのが宗教家である」
と説きました。

次に、教育問題を取り上げ、高松や徳島は教育熱心な地域だったが、教育改革で学校群制度になってから、徳島では公教育を見捨てて、みんなが塾に行くようなひどい状況になってしまったと語った上で、
「民主党が政権を取ると、日教組関係の人が文部科学大臣になると言われている。そうなると、8兆円も国費を使っている公教育は、まったく無駄になってしまう可能性が高い。これは許せないことだ。」
と訴えました。

そして、
「資源がないのだから、国際競争力がなかったら日本が発展する余地はない。この国を発展させるために必要なのは、教育力であり、知力である」
と説いて、演説を終えました。



幸福実現党・大川隆法総裁
岡山市で街頭演説


幸福実現党・大川隆法総裁は、22日午後1時、岡山駅前で演説を行いました。

冒頭、岡山の桃太郎伝説を取り上げて、
「現代の鬼ケ島は、人さらいしている北朝鮮であって、幸福実現党が唱えている防衛政策は、「現代の鬼退治」であるのです。」
と語りはじめました。

そして、消費税全廃論について触れ、
「不況が続いたらみんな力がなくなる、この不況を退治するのが消費税撤廃。消費税の増税は不可避と信じ込まされているが、だまされてはいけない。政府の不手際のツケを国民に簡単に回してはならない。」
と説きました。

続けて、
「政府が絶対に言わないが、国の借金は国債を中心に900兆円以上であっても、建設国債で作った道路や空港などは国民の財産である。これを差し引けば実際の借金は300 兆あるかないか。ところが国民の総資産は1400~1500 兆円。国がつぶれるのではなく、つぶれるのは政府だけ。国民主権ということは、国民が政府をいくらでも作り替えてもいいということであって、政府がいくらつぶれてもかまわない。国民が黒字で生きていけるなら大丈夫。政権交代などというちっぽけなことでなく、政府そのものを新しく作り替えよう。『幸福維新』が必要だ。」
と訴えました。

さらに、世論についての意見も述べました。
「民主党が300 議席、自民党が150 議席だのと新聞は発表しているが、これは「世論操作」であって、国民の投票の自由を奪っている。投票日に誰に入れるのかは国民の自由であるのに、それをあたかも、もう決まったように報道するのは許しがたい。二つの政党だけの二者択一ではない。幸福実現党の他に、日本の未来ビジョンを持っている政党は一つもない。20~30 年以上先を考えているのは幸福実現党だけ。国民よ、賢くありましょう。今こそ、革命を起こそう!」と説きました。

最後に、
「私たちは、国民の幸福を実現する政党。私はこの党名に魔法をかけた。さあ、がんばろう!」
と、力強く演説を締めくくりました。



幸福実現党・大川隆法総裁
広島市で街頭演説


幸福実現党・大川隆法総裁は、22日午後3時過ぎ、広島本通駅前で街頭演説を行いました。

冒頭、幸福実現党の主要政策の一つの外交・防衛問題に関連して、原爆の問題を取り上げ、
「原爆は落とされた方が悪いのか、落とした方が悪いのかをはっきりさせていないが、神仏の目から見て、原爆は落とした方が絶対に悪い。国力が大きいか小さいかによって善悪は変わらない。原爆は人類に対する罪。使ってはいけない道具である。」
と断言しました。

続けて、
「アメリカは原爆を落としたことを反省していないが、北朝鮮は、アメリカがやっていいことを自分達がやって何が悪いと思っている。アメリカは、戦後、日本を助けるために努力し、今でも日米同盟は非常に大事であると思うが、原爆や水爆を作って落とすことは間違いである。これをはっきりしないと北朝鮮問題の結論がわからない。核兵器で日本に対する潜在的脅威となっている北朝鮮と中国に対して、核兵器は持つべきではないと明確なメッセージを出すべきである。」
と説きました。

また、
「幸福実現党は右翼のように誤解されることがあるが、そうではない。戦争が好きなのではなく、戦争のない平和な世界を作りたいと思っている。そのためには、悪い心を持った指導者に対して、いち早く警告し抑止することが大事だと訴えている」
と、幸福実現党の国防政策の根本を述べました。

さらに続けて、
「他国に対して侵略的意図をもって核兵器を使うことが二度とないように、というメッセージをこの広島から発信しなければならない」
「幸福実現党は、世界に最終的な平和をつくるために、根本的な憎しみや怒り、憎悪、価値観の対立を解決するためにつくられた政党ですから、積極的に世界の平和を実現すべく努力する」

と説き、
「今、広島に来たからには、私は二度とこの日本を、核兵器の被害国にはしないことを約束する。どの国にも侵略させず、どの国の植民地にもさせないということを強く誓う」と宣言しました。

最後に教育問題について論じ、90年代のゆとり教育の発信源が広島にあったことを指摘し、
「日本の公教育水準が非常に落ちた結果として、正社員の要求レベルに達しないままの学生が社会に送り出されたことが、派遣切りの問題につながっている」
ことを指摘しました。

そして、もともと教育県だった広島の教育レベルを回復させ、日本の教育を復興させるのも広島の使命であると訴え、演説を締めくくりました。



(Just click each banners below once a day. Thank you!)
(↓もしよければ、1日1クリックずつ頂けたら嬉しいです♪)
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

*Comment

No title

すごくわかりやすくて、説得力のあるお話ですね。
日本の将来を真剣に考えている幸福実現党は本当に
素晴らしいです。

バラマキや批判だけの政党には嫌気がさしていました。

幸福実現党、応援させていただきます!!!

  • posted by ソンミンマニア
  • URL
  • 2009.08/29 08:39分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム