「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

『アラン・カルデックの霊との対話~天国と地獄Ⅱ』

そういえば、前に『天国と地獄』(アラン・カルデック著、浅岡夢二訳、幸福の科学出版)という本を紹介しましたが(『天国と地獄』~アラン・カルデックの「霊との対話」)、8月末に、その第2弾が出ました!!

「天国霊・地獄霊からの衝撃の通信記録」という副題みたいなのが付いていて、書名は『アラン・カルデックの霊との対話~天国と地獄II~』

──書名だけだと、ちょっと一冊目と区別がつきにくいところはありますが^_^;

でも、表紙を見ると、一冊目は青空、二冊目は金色の空、という感じで、全く対照的。

二冊並べると、コントラストがすごく映えます。

それはそうと、大事なのは中身ですよね。

内容は、帯の文句をそのまま引用すると、こんな感じです。

本邦初訳!!
あなたは死後、どんな世界に還りたい?
35人の死者が語る「天国に還るための条件」
スピリチュアリズム最大の思想家の実像を明かす「自伝」も収録!
●安らぎに満ちた死の瞬間の様子を語る霊
●死後も友の健康を気遣う医者からの感動の通信記録
●破産が原因で自殺した男性のその後とは?
●怠惰な人生を送った人が死後に受ける「退屈」という罰
●孤独と休みなき戦いの日々──アラン・カルデック自伝
心清く生きれば、苦難の先には至福の世界が待っている。
希望と勇気をくれる35人の人生ケーススタディー。


通読した感想としては、一冊目とはまた一味違う気がしました。

一冊目を読んだ時は、何か、ものすごく、「地獄に堕ちたくない~! このままだとけっこうまずいかも~!」という、ちょっと怖い感じが強かったのです。

でも、この2冊目のほうは、──もちろん、地獄霊の通信は、一冊目と同じく生々しくて恐ろしいものがありましたが、それ以上に、むしろ来世への希望のようなものが強く感じられました。

前世・今世・来世が一筋に貫かれているんだなあという、「因果の理法」が実例を通してすごくよく分かった、というか。

つまり、結局、今与えられている環境の中で、今世を精一杯に生ききることで、来世、来々世の幸福が約束されるんだなあ、ということが腑に落ちた気がするのです。

それにしても、アラン・カルデックという人は、けっこう苦労したんですね、「パリ霊実在主義協会」の運営とか。

でも、情熱と勇気を持って、戦い続けたんですよね(この本の第二部の「自伝」によると)。

その姿にも胸を打たれます。

いろんな意味で、興味深く、また学びにもなる一冊でした。

スピリチュアル・ブームのおおもとを辿ると、このアラン・カルデックに行き着くのだそうです。

一冊目と併せて、秋の夜長に繙くのも一興かもしれません。

最後まで読んで下さってありがとう♪
この一日が、あなたにとって幸福な一日となりますように!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

*Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2006.09/08 02:36分
  • [Edit]

コメントありがとうございます。
お返事が遅れてすみませんでした(;_;)
ご依頼の件、その通りさせて頂きました。
これからも、どうぞよろしくお願いします♪
よかったら、また遊びに来てくださいね!
コメントもお待ちしています(^o^)
  • posted by 百日紅!
  • URL
  • 2006.09/10 01:30分
  • [Edit]

前の記事へのコメントになってしまいます☆
この本、まだⅠも入手していない(読んでいない)ので内容を知らなかったのですが、
>●怠惰な人生を送った人が死後に受ける「退屈」という罰
ここ・どきっ!というか、ぞぉっ…としました(T_T)
私だ~×うぅ、読むのコワイかもー!?
けど、だからこそ読まなきゃいけないのかー…?
  • posted by こころすけ
  • URL
  • 2006.09/10 13:59分
  • [Edit]

こころすけさん、こんばんは(^o^)
実は、何を隠そう、私もそこはけっこうギクッとしました。
お仲間かも……(^_^;
でも、こころすけさんは怠惰じゃないですよ~!
ブログもマメに更新されているし、精舎にも定期的に行かれているんだし♪
それに、本のほうは、翻訳者の心優しい「まえがき」「あとがき」でフォローも入っているので、きっと大丈夫です。
(と思います……たぶん……。)
  • posted by 百日紅!
  • URL
  • 2006.09/11 03:01分
  • [Edit]

霊実在主義

霊実在主義と訳されているスピリティズムについて、
こちらのページも是非、ご覧下さい。

スピリティズムさま、コメントありがとうございます。
さっそく拝見しましたが、とても充実したサイトですね!
アラン・カルデックの『天国と地獄』『霊との対話』の本邦初訳はやはり快挙だなぁ!と改めて思います。
これからも、どうぞよろしくお願いします。
  • posted by 百日紅!
  • URL
  • 2007.05/10 19:38分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

●スピリチュアリズム?

●スピリチュアリズム?★数回に渡って、江原啓之さんの説く「スピリチュアリズム」について、まとめたものを記していきます★霊界世界からのメッセージには、「生きる意味」や「本当の幸せ」のヒントがあります。主にイギリスでは、古くから科学的な心霊研究がなされてきま

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム