「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

革新的な理論だった仏教

今日は、幸福の科学総裁・大川隆法先生の著書『釈迦の本心~よみがえる仏陀の悟り~』から引用してみたいと思います。

H0190.jpg

第4章「『空』の思想」の、「人間とは何か」という節からです。

まず、「人間とは何か」ということですが、
この問いに対して、釈迦は革命的な定義を与えました。
当時のインドの思想においては、
「人間は宿業を背負った存在であって、生まれながらにして貴賤が決まっており、
ある意味では、生まれたとき、すでに運命も決定されている」
という考え方が主流でした。
ところが、釈迦は、
「カルマの法則等によって、人間には避けられない運命の流れがあるけれども、
これを乗り越えていく方法もまたある。それが、悟りを得るための方法なのだ」
と教えたのです。
当時のインドの民衆にとって、これは一つの福音でした。
仏教と聞くと、何かいかめしい、
この世を否定するような教えを思い浮かべる人も多いでしょうが、
仏教は革新的な理論であり、人びとにとっては福音そのものだったのです。
当時、インドは非常に厳しい身分制社会であり、
バラモンと呼ばれる僧侶階級、クシャトリヤと呼ばれる武士階級、
ヴァイシヤと呼ばれる商人階級、そしてシュードラと呼ばれる奴隷階級がありました。
さらには、シュードラにも入らない、もっとひどい階級もありました。(中略)
こうした身分制度に対して、釈迦は非常に強い疑問を持ったのです。
「大宇宙をつかさどる叡智としての仏が、こうしたことを放置しておくはずがない。
身分制社会を打破するためには、どうすればよいのか」と考えた釈迦は、
釈迦教団においては、悟りに至るための努力を通して身分制社会を打ち破り、
新たな価値観、新たな価値世界をつくろうとしました。
そのため、釈迦教団では、
修行者であることによって、生まれ持っての身分にかかわりなく、
新たな地位や生きがい、人生の目標ができることになりました。
釈迦はそうしたことを理想としたのです。
(141~144ページ)


釈尊の教えが、その当時のインドにおいては革命的な思想だった、というのは、ちょっと「目からウロコ」ですよね。
でも、再誕の仏陀である大川隆法先生が、今この日本で新たな価値システムの創出に向けて革新的な教えを説かれていることを考えれば、なるほど納得!!でもあります。

(↓もしよければ、1日1クリックずつ頂けたら嬉しいです♪)
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

*Comment

はじめまして

はじめまして。

『釈迦の本心講義』のテープを、ここ二年ほど聴いてます。

波羅蜜多の世界を一生懸命覗いています。

また、楽しみに読ませていただきます。

はじめまして♪

史郎さま、コメントありがとうございます。
お返事がたいへん遅れてしまい、申し訳ありません。
これからも、どうぞよろしくお願いします。
  • posted by 百日紅!
  • URL
  • 2009.03/03 20:48分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Ĥ?Ĥ????

?Ĥ??Τ? ?????ε?ä?? ο????Ĥ?DVD?????? ???? ??? ???Ĥ?Ĥ?????? ??ġ? ???????Ф? ???????Ф ???? ?????μΤ?β? ?????????????????? ?????Τ?ä???? ζ? Ĺ?Ĥġ??Ф???Ĥ?? ????ä?? ...

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム