「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

「己心の魔」との戦い─『ゲド戦記』に寄せて

スタジオジブリの映画「ゲド戦記」(宮崎吾朗監督、ル=グウィン原作)が公開中ですね。

この作品は、「ゲド戦記」のシリーズの第3巻(『さいはての島へ』)を映画化したものだと聞きます。

私は、かなり前、まだ小学生だった頃に、このシリーズを読みました。

いちばん印象的だったのは、第1巻の『影との戦い』です。

ゲドの、まだ少年時代のお話。

以下、うろ覚えですが、簡単なストーリーを紹介してみます(間違っているところがあったらスミマセン)。

魔法使いとなるべく修行中のゲドは、並外れて優秀だったのだけれど、慢心したために挫折し、また一から辛い修行をやり直すことになります。

そして、「影」という敵をどこまでも追いかけて追いかけて、ついに対面を果たし、戦いを挑みます。

その時になってゲドは知るのです、その「影」という敵は自分自身の投影にほかならなかったことを。

──ずうっと前に読んだきりなので、自信はないのですが、そんな感じのお話だったと記憶しています。

このお話から連想されるのが、「己心の魔」という言葉です。

自分自身の心の中にある迷いが、外なる魔を呼び込む、という意味です。

この「魔」という存在に対して、どのような心構えで立ち向かえばよいのかということについて、『沈黙の仏陀~ザ・シークレット・ドクトリン~』(大川隆法、幸福の科学出版)第7章「魔とは何か」から引用してみます。

魔としての実体が現実にあることは事実であるし、
成道(引用者注・悟りを開いて仏となること。集英社国語辞典より)する際に邪魔をしようとして現れてくることも事実ですが、
結局は何を試されているかというと、
悟りへの修行をしている人自身の自覚、意志の力、
これが勝負の決め手であるということです。(中略)
結局は、強い信仰心を持って、積極的に明るく生きること。
智慧を身につけて、問題を一つひとつ丁寧に解決していく。
また、決断すべきときには決断をし、そしてリスクを恐れない。
また、人の評価を恐れない。
そして、正しいものに対して、じっくりと腰を据えて邁進していく。
そのような不退転、不動の姿勢こそ、
悪魔に打ち克つための決定的な武器であるわけです。
(250~252ページ)


ゲドがそうであったように、真なる「悟り」に至るには、「己心の魔」との戦いがどうしても不可欠なのですね。

日々、この「己心の魔」を排していくことを怠らないことが、修行者としてとても大切なことなのだと改めて思います。

最後までお読みくださってありがとう(^o^)
この一日が、あなたにとって素晴らしく幸福な一日でありますように!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

*Comment

関係ないことで申し訳ありません。
以下は yahoo!の映画ユーザーレビュー(ゲド戦記)のことです。ネットの魔力は恐ろしいと思った。便利じゃない、匿名性とかの問題に私達が直面しなきゃいけないことがいっぱいあると思った。。。↓↓

★評価1(星1)は工作だそうですが。
皆さん工作して評価動かしてどうするんですか?(常識なのかもしれませんが)好評も悪評も工作なんですか???
悪評の工作員らしき方が、次のように書き込んでましたね。
「映画公開日からずっと☆1つで投稿してるのにぃ~!yahooのアカウントも一人あたま500は作ってます、工作でも何でも良いでしょ!お願いします!出来高なので、評価を2点以下にしないといけないんです、
協力してぇ~。」
とのこと。本当でしょうか?(素直に書きすぎ、、、)
星1がここまで重なっているのが異常だとおもうので、悪評の工作員説を信じます。
作品自体は、「1ってぇことはないだろ」だと思います。(でも5でもないと思うけど、、)
工作に対抗すべく、5を入れさせていただきます。(5を入れているほかの方も、1に対抗して平均を適切に上げたいのだろうと思います)
本編評価と関係なくてすみませんでした。

★評価5(星5)は工作だそうですが。
皆さん工作して評価動かしてどうするんですか?(常識なのかもしれませんが)
好評も悪評も工作なんですか???
好評の工作員らしき方が、次のように書き込んでましたね。
「作品自体は、「1ってぇことはないだろ」だと思います。(でも5でもないと思うけど、、)
工作に対抗すべく、5を入れさせていただきます。(5を入れているほかの方も、1に対抗して平均を適切に上げたいのだろうと思います)」
とのこと。本当でしょうか?(素直に書きすぎ、、、)
星5がここまで内容が薄いののが異常だとおもうので、好評の工作員説を信じます。本編評価と関係なくてすみませんでした。

★ふざけるな!こんな駄作で大衆から金を巻き上げさらにレビューで工作か!?いいかげんにしろ!!工作員やってる奴が「IDたくさんとって評判落としてました☆」なんて言うわけねえだろ!ボケ!!
何が「工作員はやっぱりいたのか」」だこの自作自演野郎!
隣に座ってた子供が「ポケモンがよかった~」って親に泣きついてたぞ
制作期間半年程度の手抜き作品(もののけ姫は2年以上かけて作ってます)で客騙しやがって、全然面白くなかったぞ!金返せ!!

<<今までのはyahoo!の投稿です。評価でさえ操られていて、あまりにもおかしいし、やるせないし、苦しいし。。。
先ほど言った通り、これが、ネットの魔力(匿名性とか?)なのかもしれないけど、次から次へとぐちゃぐちゃになってきて…もうyahoo!に違反通告するのでさえしんどくなってきました。
ゲド戦記は、たしかに難しい。傑作だなんていえないかもしれない。でも、私は素直な、純粋な感想がほしかっただけだったのに!!ネットを利用して調べた私がバカだっただけなのかなぁ
もぉ、パソコンなんかいらなかったよ。おかしいよ、便利でもなんでもない!!
あなたは、このようなブログみたいなものをお持ちですが、ネット時代をどう思っているんですか??
意見を聞かせていただきたいです。

  • posted by yuka
  • URL
  • 2006.08/08 10:18分
  • [Edit]

yukaさん、コメントありがとうございます。
ブログを持っている者として、ネット時代をどう思っているのかというご質問ですね。
うまくお答えできるか分かりませんが、一言で言うと、やはり、インターネットにも良い面と悪い面とがあり、使う者の心しだいなのかなぁと思います。
インターネットを利用して、良からぬことを企てることもできれば、風説を流布することも、匿名で他人を誹謗・中傷することもできます。
一方、有用な情報を流したり、人の心に潤いを与えるような美しい言葉を発信することもできます。
受け手の側としては、そういった様々な情報の中から、できるだけ良いもの、正しいもの、美しいものを選び取る必要があり、それは今のところ各人の見識に任されているのかなぁと思います。
「ゲド戦記」に関しても、賛否両論の面があるようですので、ご自分で観た際の感想を大切にされたらよいのではないかと思います。
こんな答えでよろしかったでしょうか。
よかったら、また遊びに来てくださいね。
  • posted by 百日紅!
  • URL
  • 2006.08/09 01:07分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ゲド戦記』観ました!! 【編集部日記】

こんにちは、編集部のうめ吉です。 このところ全然映画を観に行ってなかったんですが...

ゲド戦記

『TALES FROM EARTHSEA 』公開:2006/07/29監督:宮崎吾朗原作:アーシュラ・K・ル=グウィン『ゲド戦記』シリーズ(岩波書店刊)&nbsp; 原案:宮崎駿声の出演:岡田准一、手嶌葵、田中裕子、小林薫、夏川結衣、香川照之、内藤剛志、倍賞美津子、 風吹ジュン、菅原文太☆s.

-

管理人の承認後に表示されます
  • from
  • at 2006.08.12 09:41

ゲド戦記

見えぬものこそ。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム