「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

「徳」とは何か

みなさま、こんにちは!
またまた、ものすごく久々の更新になってしまってすみません(汗)。
また頑張りますので、何とぞお見捨てなきよう、よろしくお願いします☆

今日は、幸福の科学総裁・大川隆法先生の最新刊『リーダーに贈る「必勝の戦略」~人と組織を生かし、新しい価値を創造せよ~』から引用してみます。

H0222.jpg

第Ⅰ部第5章「公平無私と与える愛」の、「徳の総量は愛の段階に比例する」という節からです。

経営者たる者の器、リーダーたる者の器、
その器をつくっていくための資格条件として、
「徳」という言葉が使われます。
この徳という言葉は、いまでは古い言葉にもなりました。
現代的には、なかなか理解されなくなっています。
しかし、徳なるものは必ずあるのです。
それを説明するならば、自分が生きてきた時間のなかで、
自分のことより他の人の幸福のことを考えた時間のほうが
遙かに多い人のことを、「徳ある人」というのです。
ところで、一人ひとり、自分の心の内を眺めてみてください。
みなさんが、過去数十年、考えてきたことは何ですか。
その多くは、自分自身のことばかりであったのではないですか。
あるいは、一日、二十四時間のうち、起きている約十六時間のなかで、
考えている内容は、いったい何ですか。
その内容は、ほとんど自分自身のことではないですか。
自分自身のことを悩むことをもって、よしとしているのではないですか。
たまに他の人のことを考える場合があったとしても、
その内容は、他の人の悪口や愚痴、批判、非難、
こんなことばかりではないですか。
他の人や環境への不平や不満、
こんなものばかりで、いっぱいになっていませんか。
こういう人を「徳がない」と言うのです。
(99~100ページ)


読んでいて、思わずギクッ!としたのは私だけでしょうか(あっ、やっぱり私だけ……そんならよかったです……汗)。

自らの徳のなさをまざまざと思い知らされて、思わず冷や汗タラリ。

やはり、幸福の科学の信者である以上、「徳ある人」を目指したいものです。

なぜなら、それはすなわち、より多くの人を幸福にできる人、でもあると思うから……♪

そんなわけで、あくまでもマイペースな私ではありますが、小さな一歩を重ね続けていきたい!と、改めて自戒した次第です。

(↓もしよければ、1日1クリックずつ頂けたら嬉しいです♪)
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム