「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

プラスの釘を打ち込む

さてさて、本日のグッと来た一言は、『瞑想の極意~奇跡の神秘体験~』大川隆法)の第2章「瞑想の極意」講義から引いてみます。

H0058.jpg


『日蓮聖人の霊言』という本が、
何年か前に私たちの第一作として出たはずであります。
その中で日蓮聖人はこういうことを言われています。
「人間は同時に二つのことを思うことはできない。
自分が今マイナスの思いにとらわれているならば、
そのマイナスの思いを消すことだけを考えてはならない。
マイナスの釘を抜くことのみを考えてはならない。
マイナスの釘を抜くためには、その釘の頭から、
プラスの釘を打ち込んでいけ。
積極性という名の釘を打ち込んでいけ。
さすればその釘は板の下に抜けるであろう、
これが人間の心が同時に二つのことを
考えることができない理由である。」
こういう話をしておられたと思いますが、まさしく同じです。
私たちは同時に二つのことを考えられません。
これはひとつの慈悲でもあるということを知らねばならないのです。
(47ページ)


この『日蓮聖人の霊言』は、現在は『大川隆法霊言全集』に収録されていますが、私は、この「プラスの釘を打ち込む」というたとえ話に、何度救われたか分かりません。

マイナスの思いにとらわれて、自分では反省しようとしているつもりが単なる堂々巡りに陥って、どうにも身動きが取れなくなったりしている時に、そうだ、こんなことをやっている暇に、何か一つでもプラスの思いや行いを打ち出してみようじゃないか?と心を切り替えると、途端に霧が晴れて視界がパーッと開けてくる。

この『瞑想の極意』には、「奇跡の神秘体験」という副題が付いていますが、そんなふうに心がクラッと転換して、見えていなかった解決策が見えてくる、といったことも、小さいレベルでの、一つの奇跡かもしれないですね。

心って不思議です。
耕せば耕すほど、いろんなものが見えてきて、いろんなことが分かってきます。
実はどれほど分かっていなかったか、今現在も分かっていないか、ということも分かってきます。
分かれば分かるほど、分かっていないことが分かってきてしまう。
──何だか禅問答みたい?

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム