「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

于丹『荘子の心~自由に生きるヒント~』

4月末に発刊された、『ネクスト・エンペラー~中国「新三国志」~』(孔健・著)に続く中国シリーズ(かな?)、『荘子の心~自由に生きるヒント~』(于丹・著、孔健・訳)が、この6月7日に発刊されました。

P0190.jpg

……と言っても、実は、まだ入手していなくて(汗)。

HPなどによると、原著は「中国で500万部超のミリオンセラー」なのだそうです。

荘子と言えば、『黄金の法~エル・カンターレの歴史観~』大川隆法)では、次のように説かれています。

荘子の思想の骨格は、要するに、
「道に遊ぶ」ということにありました。
荘子によれば、「道」とは、
天地自然の理法であって、
一切の存在を生滅(しょうめつ)変化させながら、
それ自体は生滅変化しないもの、
あらゆる時間的、空間的な制約を超えながら、
しかも、あらゆる時間、空間のなかに遍在するものなのです。
ですから、「道」を体得した者は、
自己の「さかしら」を捨て去って、虚心となり、
安らかで自由な生活を楽しもうとする。
それを、荘子は「遊」と呼んだのです。
(177~178ページ)


この『荘子の心』を読んで、そんな境地にわずかなりとも近づけたらいいな♪と思います。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

于丹『荘子の心―自由に生きるヒント』を読んで

たまには(でいいのかどうか?)、読んだ本のことも書いてみたいと思います。 荘子の心―自由に生きるヒント 于 丹 どんな内容の本かというと、ものすごくかいつまんで説明してしまえば、『論語力』などで知られる著者・于丹氏が、荘子の思想を読み解き、現代人?...

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム