「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

仏の温かい眼を信じる心

うまく言えないのですが、ときどき、ああ、主に愛されている、主に愛されていた、あの時も、この時も、主に愛され続けてきた……ということを、ものすごく強く感じる時があります。
感じるというより、「分かってしまう」というような感覚でしょうか。
もちろん、考えるとか、想像するというのでもなくて。

そんなことを思っていて、『宗教選択の時代~ネオ・ジャパニーズ・ドリームへの胎動~』大川隆法幸福の科学出版)第2章「信仰の世界」の、このくだりを思い出しました。

世の中には、晴れの日もあれば、曇りの日もあります。
風の日もあれば、雨の日や雪の日もあります。
そして、「私が、どのような天候のなかにいても、
たとえ風の日や雪の日であっても、
いつの日にも、仏は私を温かく見守ってくれている」
ということを信じて忘れない心──その心こそが、
あなたを限りない高みに導いていく力となるのです。
(61ページ)


「仏の温かい眼を信じる心」という節の、最後の部分です。

「晴れの日」や「曇りの日」「雨の日」「雪の日」が、具体的にどんな場合を指すかはいろいろでしょうが、たとえば、仏の御心に適う真っ直ぐな生き方をして、自分も周りの人も幸福な時が「晴れの日」かもしれません。
一方、仏の御心に反した思いを抱いてしまい、人を不幸にしたり、自分の仏性を傷つけたりしてしまっている時が、「曇りの日」や「雨の日」「雪の日」かもしれません。

たとえ仏の御心に反した思いを抱き、そうした行いをしてしまっていても、そんな時ですら、仏は温かく見守ってくださっている──。
だからこそ、人は、どれほどの罪を犯してしまったとしても、またいつか、正しい道に立ち戻っていくことができるのではないでしょうか。

今、自分の仏性を信じることができずに苦しんでいたとしても、いつか必ず、仏の許しを得て、立ち直ることができるはず。
たとえ他の人から悪魔のように見えていたとしても、どんな人も、その身に仏性を宿した仏の子なのだということを、忘れずに生きていきたいものだと思います。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

*Comment

無限の愛とは何か

僕は、信仰という言葉を考える時に、どうしても抜き去りがたい教え〝御法話〟があります。
それは、「無限の愛とは何か」という御法話です。
これは、イエス・キリストの霊指導によって語られた御法話であります。
さすがに、イエスの言霊の迫力というものは、スゴいものがありますね♪
決して、書物では表現できないものがあります。
が、しかし、これから信仰を強く打ち出していこうとしている今でこそ、信仰の原点であるこの御法話をもう一度見つめ直してみる必要があるのではないかと思います。
なにゆえに、キリスト教信者は、これほどまでに信仰に篤いのかがわかったような気がいたします。
御法話「無限の愛とは何か」で、神仏の愛をきっと感じることができるようになるでしょう!
更に信仰深く、更に神仏の愛を感じながらこれからも生きてゆきましょう!(^_^)v
  • posted by あっきん
  • URL
  • 2008.01/19 13:05分
  • [Edit]

キリスト教に関しては、まず、イエス様が「主」と呼んでいた方が誰であったのか、という観点が抜きがたく大切ですよね。
そして、キリスト教が世界宗教として大きく広がっていった、その背景に働いていた力がどのようなものだったのか、ということも、忘れてはならない点だと思います。
それを世界の方々にお伝えしていくのは、なかなか勇気の要ることではありますが、そのためにこそ、私たちはもう一段の信仰心と勇気を求められているんですよね!

この記事で言いたかったことの一つは、たとえ、今、信仰から離れて、その逆の方向に進んでしまっている人がいたとしても、そういう方々にとっても、必ず、真実を取り戻すきっかけが用意されているはずだから、それを信じて待ちたい、待ち続けたい、ということでした。
必ずしも他人事とは言い切れないので、偉そうな言い方にならないように気をつけた結果、自分自身が苦しんでいるかのような、分かりにくい文章になりました。
誤解されるであろうことは承知の上で、あえて、曖昧な形で発したメッセージでした。
  • posted by 百日紅!
  • URL
  • 2008.01/20 03:25分
  • [Edit]

初めまして。ときどき拝見していました。
幸福の科学の会員です。(百日紅さんと同じく1994年三帰です)この日記を読んで涙がこぼれました。
一昨年から私は心を病んでしまい、今は暗いトンネルの中にいます。会員でありながら、真理を学んでいながら情けないですね。みっともないですね。
仏の温かい眼を感じることもできず、このまま落ちるところまで落ちていくのかと思います。

いつかまた「晴れの日」が戻ってくるのだろうか。トンネルの先に光が見えるのだろうか・・・
そんなことを思っていたときにここにたどり着きました。初夏を思わせるような青い空が心に沁みました。
  • posted by mokuren
  • URL
  • 2008.01/21 09:09分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム