「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

ありがとうの心、伝えよう ―お盆の過ごし方―@幸福の科学

(宗)幸福の科学HP「新着ニュース」(7月30日)より♪

ありがとうの心、伝えよう ―お盆の過ごし方―

ありがとうの心、伝えよう
 ―お盆の過ごし方―


2013.07.30

※本内容は、月刊「What’s 幸福の科学」49号にて詳しくお読みいただけます。

お盆

迎え火、盆踊り、灯篭流し―。
日本人にとってなつかしい、お盆の風景。
それは、「先祖の霊が帰ってくる」と言われる時期です。
お墓参りなどで手を合わせると、「あぁ、見守ってくれているんだ」なんて、妙に実感することも……。

思えば、今の私たちがあるのも、先祖や先人の方々の努力の積み重ねがあってこそ。
私たちも、いずれ この世を去るときには、次の世代に大切な何かを遺してあげたいものですね。

そんなお盆のひととき、先祖や先人への感謝とともに、普段は忘れがちな「あの世」のことや、私たちを見守る神仏の存在に、思いを巡らせてみませんか?

この世とあの世が通じるお盆

お盆には、多くの人があの世の家族や先祖を思い出すため、この世とあの世に「念(おも)いの橋」が架かり、あの世の霊がこの世に出てきやすくなります。この時期、よからぬ霊的影響を避けるためにも、なるべく明るく前向きに、感謝の心で過ごすことをお勧めします!

あの世とこの世

今、ご先祖さまに手を合わせている私たちも、数年、数十年後には、子孫を見守る側になる……。
あらためて考えると、不思議な感じがしますね。

人は誰でも死を迎えますが、それで消えてしまうわけではありません。
“よい心”で生きた人は天国へ、“悪い心”で生きた人は地獄へ。
万一、地獄に堕ちてしまったら、素直に心の間違いを反省することで、天国に還ることができます。

そしてまた、縁ある人々とともに、新しい人生を生きるために、この世に生まれ変わってくるのです。

供養のポイント

○先祖の霊が喜ぶことは?
あの世の霊は肉体がないので、お供え物を味わえるわけではありません。先祖が一番喜ぶことは、子孫が皆、仲良く幸せに徳ある人生を生きること。子孫が幸せに生きていると、その徳が先祖にも及び、霊人の励みになるのです。

○供養しないとタタリがある?
先祖が天国に還っている場合は、時々、感謝の思いを向ければよいでしょう。先祖が地獄にいたり、地上で迷っていたりする場合には、正しい仏法真理に沿った供養をすることで成仏の助けになります。でも、「先祖供養さえすれば幸せになれる」と、自分の不幸を先祖のせいにする気持ちがあると、悪霊が忍び寄ってくることもあるので要注意! やはり「幸・不幸は自分の責任」ととらえ、自分で努力を重ねていくことが人生を開く鍵です。

○重要! 供養の注意点
正しい供養には効果があると言っても、毎日毎日、家庭で先祖供養に励むことは危険です。自分と縁のない浮遊霊までが、「ここに来れば供養してもらえそうだ」と寄ってきて、障りを起こすことも。先祖供養は、仏法真理を学び心の修行を積んだ、プロの宗教家の下で行うのが一番安心です。(→幸福の科学のお盆の供養のご案内)

先人を偲ぶ

お盆には、先人の偉業や歴史に思いを馳せてみるのもお勧め。
『古事記』や『日本書紀』には、神々が日本列島を生んだ神話が描かれています。
神話から始まる皇室の歴史が2600年も続いている国は、他に類がありません。

神仏に守られ、豊かな文化を育んできた日本。
今年は伊勢神宮と出雲大社がそろって遷宮(※)を迎えたり、富士山が信仰の山として世界文化遺産に登録されたり。
次世代に伝えたい日本の誇りをたくさん発見できそうですね。

※新しい正殿にご神体を移すこと。伊勢神宮では1300年にわたり、20年に一度の遷宮が受け継がれている。

神代の時代
天照大神(あまてらすおおみかみ) 日本神道の主宰神であり皇室の祖神。天照大神を祀る伊勢神宮は、年間参拝者数が860万人を超える年もあるほど人気が高い。

飛鳥
聖徳太子(しょうとくたいし) 「冠位十二階」や「十七条憲法」を制定。能力主義や精神的指導原理など近代の民主主義的な考えを取り入れ政治改革を行った。

奈良
東大寺の大仏建立 (鋳造の仏像としては世界最大)

平安
『源氏物語』 (世界最古の長編小説)
300年以上死刑なし 平和な時代が続く。

鎌倉
元寇を2度撃退 神風が吹き2度も元軍を退ける。

江戸
世界一の100万都市 江戸が上水道も整備された世界一の大都市に発展。
坂本龍馬(さかもとりょうま) 幕府の下で200年以上も鎖国を続けた日本を刷新するため、斬新な構想力、発想力で明治維新を導き、新生日本を誕生させた。

明治
明治維新 「無血革命」として世界のモデルに。

昭和
戦後の復興 「東洋の奇跡」と呼ばれる経済復興を果たす。

第二次世界大戦の世界史的意義

先の大戦を「日本の侵略戦争」と決めつけることは正しくありません。当時アジアの国々は、欧米諸国の植民地にされ苦しんでいました。そこで日本がアジアの平和を求めて戦った結果、白人優位説に基づく植民地政策に終止符が打たれ、アジア諸国は独立を取り戻すことができました。南京大虐殺や従軍慰安婦問題については証拠も資料もなく、根拠のない誹謗中傷であることが明らかになっています。

霊界からの言葉

日本人は古来より信仰篤く、心豊かに暮らしてきました。
しかし、先の敗戦後、アメリカの占領政策で宗教心や愛国心を否定されてしまいました。
そんな現状を憂える神々や偉人のメッセージに、耳を傾けてみませんか―。

天照大神
「日本の誇るは、『神々の国である』ということなのです」
「この小さな国に、神々がひしめいているのです。だから、偉大な国なのです。信仰を失ったら、この国の栄光はなくなるのです」
(2012年12月7日霊示『天照大神の御教えを伝える』所収)

坂本龍馬
「今の憲法は、マッカーサーに、無理やり押しつけられたもんだからね」
「これには、国家としての主権を奪う条文』が入ってるわけだから、『こんな憲法は無効だ』と、言ったって構わないんだ」
(2012年9月8日霊示『坂本龍馬 天下を斬る!』所収)

東條英機
「(日本の)思想のなかには、欧米的な略奪的侵略を永遠に肯定するような思想は入っていなかった。これだけは、いくら死刑にされても、私は撤回する気はありません」
(2013年5月10日収録『公開霊言 東條英機、「大東亜戦争の真実」を語る』所収)

霊界からの言葉を伝える「公開霊言」とは

上記のような建国の神や偉人たちの言葉は、大川隆法総裁の公開霊言において降ろされたものです。大川総裁は高度な悟りに伴う霊能力であの世の霊を降ろし、その思想を映像や書籍で公開し、霊界の存在証明を続けています。

実際に霊言をご覧になった人の声

○「まさに東條英機だった!」
東條英機の霊言は激しかったが、戦争当時、神宮外苑で聞いた東條首相の演説と同じものを感じた。まさに大川総裁に東條英機の霊が入って語っていた。素晴らしい。(Sさん・87歳・元海軍軍人)

本内容は、月刊「What’s 幸福の科学」49号にて詳しくお読みいただけます。


――とのことですー!!
「幸福の科学の小冊子送付希望フォーム」「幸福の科学の最寄り支部検索」「ebookで読む」など、詳細についてはオリジナルページにてご確認ください☆

(↓更新の励みになりますので、もしよろしければクリックお願いします♪)
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

*Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by
  • 2013.08/03 17:50分
  • [Edit]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by
  • 2013.08/03 17:52分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム