「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

ヨブの苦悩

世間では、『不動心』と言えば、「ああ、松井秀喜の……」と思う方も多くいらっしゃるかもしれません。

でも、私たち幸福の科学の信者にとっては、やはり、まずはこちら──大川隆法総裁『不動心~人生の苦難を乗り越える法~』ですね。




──と、ここで突然、少し昔話になりますが、私がまだ高校生の頃、そう、幸福の科学の教えなど知りもしなかったずっとずっと以前のことですが、キリスト教への入信を検討していた私は、クリスチャン(プロテスタント)だった姉に薦められて、『聖書』の中の「ヨブ記」を読みました。

けれども、当時は、姉がなぜ私にこれを薦めてくれたのか、「いいよ~、『ヨブ記』は」と言う言葉の、その「いい」の意味するところは何なのか、全く理解できませんでした。

「かわいそうじゃん、ヨブ……」というのが、当時の率直な感想だったのです。

ところが、今になって、というか、幸福の科学に入信した後になって、しばしば思い起こすのです、その「ヨブ記」に描かれていた、ヨブの苦悩を。

「信仰は100%を求める」と、よく言われますが、はたして、自分の信仰は本当に100%だろうか、たとえばヨブのような苦難・困難に見舞われた時、それでも自分は主を信じきることができるだろうか、主に対して、「なぜ私をこんな目に遭わすのか」と反逆心を起こさないだけの強さを本当に有していると言い切れるだろうか、と自らに問うた時、しばし逡巡せずにいられない自分を発見してしまうのです。

こんなことであってはいけない、と思う。
自分の信仰は100%だと、常に自信を持って言い切れる自分でいたい。

『不動心~人生の苦難を乗り越える法~』の第3章「苦悩との対決」には、この「ヨブ記」に関連して、このように書かれています。

自分が順風のとき、順調なときに、信仰正しく生きることは簡単です。
しかし、自分が非常に困難な時期にこそ、信仰が試されるのです。
人間の魂を鍛えるために、
仏神は人間に試練を与えることがあります。
魂を鍛えるために大事なのは、得意のときと失意のときです。
この二つのときに、
その人のほんとうの姿、本性が現れてくるものなのです。
得意のときに得意とならず、失意のときに失意の底にうち沈まず、
常にたんたんと努力する姿勢を、仏神は人間に要求しています。
(85~86ページ)


信仰というのは、決して抽象的なものではなく、極めて日常的な、実践的なものなのだということを改めて感じます。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

*Comment

初めまして!

「不動心」は私のもっとも愛する本です。
>>得意のときに得意とならず、失意のときに失意の底にうち沈まず、常にたんたんと努力する姿勢<<
この部分は特に何時も忘れないように心がけている部分です。
といぅのは自分自身がこの部分で失敗しそうになった人間だからです。
本当に多くを学ばせていただける本が続々と出版されて嬉しいしだいです。
幸福の科学の会員さんのブログがこんなにたくさんあるといぅのを最近知りました。
又遊びに来させてくださいね!

  • posted by Yuko
  • URL
  • 2007.12/17 18:53分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム