「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

プラトニック恋愛〈ラブ〉を考える

YBFC~「ヤング・ブッダ」ファンクラブ!~の、はもタン♪さんも書かれていますが、最新号の「ヤング・ブッダ」幸福の科学の学生・青年向け小冊子)の表紙、やたら可愛いですね。




「プラトニック恋愛〈ラブ〉を考える」という特集が組まれているので、それに合わせて、こういう表紙なのでしょう。

やっぱり、特に若い人にとっては、恋愛について全く考えることなく生きるというのは難しい、というか、それだと、むしろ逆に異常性を帯びてくるかもしれない(笑)ので、恋愛は大事なテーマですよね。

以前、この「ヤング・ブッダ」で連載されていた「恋愛論」が収録されているのが、『青春の原点~されど、自助努力に生きよ~』大川隆法)です。




そこから、少し引用してみます。

幸福の科学では、
愛には「与える愛」と「奪う愛」があるということを説いていますが、
本能から出てくる衝動的なものだけでいくと、
幸福の科学的に言えば、「奪う愛」的な面がかなり強く出てきます。
恋愛の出発点においては、
そういう「奪う愛」的な面は強いだろうと思いますが、
その恋愛の期間のなかで、
「自分の幸福のために相手から徹底的に奪いたい」
と思っていないかどうか、その点を点検してほしいのです。
自分の幸福といっても、満足や快楽の面が強いでしょうが、
それを相手から奪い取り、搾取し、手に入れたいと思っているのか、
それとも、自分のなかに、
「ほんとうに相手が幸福になってほしい」
という思いを持っているのかどうかということです。
こういうことを、どうか点検してみてください。
それができるようになるだけでも、
仏法真理を学ぶ意味はあると思うのです。
(117~118ページ)


もちろん、恋愛はケース・バイ・ケースだし、なかなかスパッとは割り切れないことも多いですが、少なくとも基本はここにあることを忘れなければ、そう曲がらずに済むのではないかな~と思います。

何はともあれ、頑張れ、若者よ……!!

(↑どういう結論なんでしょうかね~?)

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム