「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

「ワシントン・ポスト」に幸福の科学グループ全面広告が掲載されました&トクマ氏の記事が「ウォール・ストリート・ジャーナル」に掲載されまし

(宗)幸福の科学HPの「新着情報」より、最新のお知らせを2つご紹介します。

↓1つ目☆
「ワシントン・ポスト」に幸福の科学グループ全面広告が掲載されました

2012年12月14日(金)、アメリカ合衆国・ワシントンD.Cの新聞紙「ワシントン・ポスト」に、幸福の科学グループの意見広告が掲載されました。

“An Open Letter to President Obama and the United States”(オバマ大統領とアメリカ合衆国へのオープンレター)と大きく書かれた全面広告では、幸福実現党が日本で「日米同盟の強化をし、手を取り合って世界の自由を守らなければならない」と訴えていることを知らせるとともに、「神と、神の正義を信じるという『アメリカの良心』を忘れないでください」「あなた方の使命は、あなた方の先祖たち、そしてあなた方の国家建設の理念を思い出すことであると信じます」と伝えています。

以下、記事全文をご紹介します。

2012.12.14 The Washington Post

オバマ大統領とアメリカ合衆国へのオープンレター
ともに立ち上がり、中国の拡張と世界征服の野心と戦おう


アメリカ合衆国の心ある人々へ、日本の多くの友人からのご挨拶です。このよき季節に、皆さんの平安、喜びをお祈りいたします。12月は、人々がクリスマスやハヌカー祭を始めとする宗教的なお祝いをする中で、あなた方の建国理念である信仰に思いを馳せる時期でもあります。

残念ながら、あなた方の社会から宗教を消し去ろうとする勢力があります。あなた方は、その具体例の多くを、クリスマスの季節に経験することでしょう。彼らが、アメリカを宗教から離そうとする時、中国のような他の無神論者たち(無神論国家を含む)は、この地球でもっと大きな目的を達成しようとしています。

この世界には2種類の国家があります。1つは、神を信じ、人権の根拠である神性を信じる人々の国です。もう1つは、神を否定し、個々人の人権など意に介せず、経済発展だけを追い求める国です。物質的な経済的発展と国家の拡張のみを求めている中国や北朝鮮は、必ず軍事行動を起こします。神を愛する人々で、このような事態を望む者はいません。

他の多くの国々と同様、アメリカもまた経済問題を抱えています。しかし、今、無神論国家が見せている拡張欲に対して、注意を怠ってはなりません。合衆国も、議会も、大統領も、世界の未来や彼ら自身の国に対する明確な長期ビジョンを持っているようには見えません。一方、無神論国家は、2050年までに世界を征服するという明確なビジョンを持っています。

アメリカは236年前、真の繁栄は神から来る(独裁者からでも専制君主からでもない)と知っていた信仰ある人々によって建国されました。彼らは、神への信仰を通して、自分たちが神の正義のもと、豊かに暮らせることを知っていたのです。

アメリカの親しい同盟国である日本もまた、神によって護られてきた国です。私たちの国は友好関係を通して数多くの恩恵に浴してきました。何十年もの間、私たちは日米安全保障条約によってつながってきたのです。そして、この関係の中で、日本の尖閣諸島を巡る紛争が焦点となってきました。日本は、アメリカ政府が、尖閣諸島が日米安全保障条約の適用対象であることを明記した修正案を可決したことに、心から感謝しています。

12月16日、日本では衆議院議員選挙が行われます。日本でただ一つの宗教政党、幸福実現党は、日本の人々に以下のメッセージを伝えようと努力しています:アメリカと日本は、同盟関係をさらに強化し、手を取り合って無神論国家の拡張策に対抗し、世界の自由を守らなければなりません。これが、神の正義と繁栄を実現する道です。

あなた方の日本の友人は、あなた方アメリカに対しても伝えたいことがあります。どうか、アメリカの良心を忘れないでください。アメリカの良心とは、神と、神の正義を信じる心です。それは、心ある人々を、正義の名のもと、よりよい世界を創る道へと導くでしょう。あなた方の使命は、あなた方の先祖たち、そしてあなた方の国家建設の理念を思い出すことであると信じます。

アメリカよ、アメリカであれ! 多くの国々が、あなた方に従うでしょう。


↓2つ目☆
トクマ氏の記事が「ウォール・ストリート・ジャーナル」に掲載されました

2012年12月12日(水)、幸福実現党青年局長トクマ氏の特集記事が、「ウォール・ストリート・ジャーナル」Web版(Asia edition)に掲載されました。

トクマ氏は、年9月18日、中国で反日デモが激化するさなか、国有化後の尖閣諸島・魚釣島に日本人として初めて上陸しました。

記事では、Wannabe-Gov Rock Star: Islands at Heart of Tokyo Politics(知事を目指すロックスター―尖閣諸島が東京都政の焦点に)と題して特集され、「日本の領土に対する意識と、いかに領土を護るかが、都政において最も重要な事項である」とするトクマ氏の主張を引用し、日本の尖閣諸島問題や東京都政について言及しています。

また、トクマ氏が尖閣諸島に対する関心を得たきっかけや、「日本人はもっと、自分自身と日本の歴史に誇りを持つべきだ。それが経済的発展につながる」などのメッセージが伝えられています。

電子版記事はこちらのURLからもご覧いただけます
Wannabe-Gov Rock Star: Islands at Heart of Tokyo Politics

トクマ公式サイト
http://tokma.jp/


(↓更新の励みになりますので、もしよろしければクリックお願いします♪)
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム