「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

景山民夫の愛読書だった『永遠の法』が映画化されます!

私が「幸福の科学」に入信したのは、1994年の1月6日のことです。

きっかけは、その前年の秋に出た、一冊の本。

それは、『私は如何にして幸福の科学の正会員となったか』(太田出版)という本で、著者は、1998年1月27日に50歳の若さで亡くなった、直木賞作家・景山民夫。

私は、かねてより景山民夫のファンでした。

作家として、というより、むしろ、テレビタレントとして、という感じではありましたが。

独特の風貌と、軽妙なトーク。

多少の毒もはらみつつ、見ている人を嫌な気持ちにさせない、そう、人間性なのでしょう──。

「人好きのする」というのは、彼のようなことを言うのかもしれません。

おそらく、彼の内面にあった深い人間愛が、そうさせていたのでしょう。

ともかく、私は彼のファンでした。

でも、1991年に、彼が「幸福の科学」に入信したと聞いて、私は正直なところ、少し心配でした。

彼が、騙されたか何かして、変な新興宗教に入ってしまったのではないかと。

信者としての彼を、私は少し覚めた気持ちで遠くから眺めていました。

そのうちに、涙の脱退会見でもするのではないか、などと想像しつつ。

やがて、1年が経ち、上に挙げた本が出ました。

彼が一体どういういきさつで、どういう心情で、その「幸福の科学」とやらに入信したのかを、ぜひ知りたいものだ、と思っていた私は、すぐに本屋さんに走り、買い求めました。

その本一冊を読み終えた時、私は、その心情を理解すると共に、もしかしたら、「幸福の科学」というのは、偽物の宗教の多い中で、本当の、本物の宗教なのではないか、と思うに至りました。

その後、入信に至るまでの細かいいきさつについては、また後日、改めて語ることもあろうかと思います。

あの本がなかったら、景山民夫という人がいなかったら、今、私はこの信仰の道に入ることができていなかったかもしれません。

その景山民夫氏が、生前、幸福の科学の本で最も多く繙く本として挙げていたのが、『永遠の法──エル・カンターレの世界観』(大川隆法・幸福の科学出版)です。

その『永遠の法』が映画化され、この秋、全国で公開されるのだそうです(映画「永遠の法」)。

景山民夫つながりで入信した私にとっては、感慨ひとしおです。

天国の景山さんも、公開を楽しみに待っているのでしょうね。

あるいは、実は製作段階から既に、スタッフにインスピレーションを降ろすとかして、霊的な形で参加していたりして。

最後まで読んでくださってありがとう。
この一日が、みなさまにとって幸福な一日でありますように。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

*Comment

景山さん映画「永遠の法」に・・・

初めまして、ハリーと申します。
景山さんには大学生の時にサイン会でお会いしました。
握手したときの景山さんの緊張した表情がわすれられません。一方で真面目で片方でフランクな方でしたね。
なんでも過去世でノストラダムスのお弟子さんだったそうですが今世はしっかり映画の中で南原さんと菩薩界でツーショットでしたね。本当にお慶び申し上げます。
願わくば、主を支えんとする我らの為に力をお貸しください。では。
  • posted by ハリー
  • URL
  • 2006.10/22 22:54分
  • [Edit]

ハリーさん、はじめまして。
「一方で真面目で片方でフランク」、本当にそんな感じでしたよね。
豪放磊落なところと繊細なところとが同居しているような。
とても魅力的な方でした。
また遊びに来てくださいね♪
  • posted by 百日紅!
  • URL
  • 2006.10/23 23:33分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幸福を呼び込む誰も知らなかった知恵とは!

post-jyouhouhaitatuin@blog.seesaa.jp 様◎こんにちは!いつもご購読いただきありがとうございます。 代理登録をさせていただいた方、はじめまして。 このメールは 「サンサンリープ」 がお届けしています♪ 是非とも、旬な情報にアクセスしてみて下さい。━━━

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム