「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

「死は永遠の別れではない」という事実こそ、死別の悲しみを乗り越える鍵。

母が亡くなった時の話の、ちょっとだけ続きを。

その時、私は、もちろん悲しくもあり寂しくもあったわけですが、それ以上に、「とにかく苦しまずに旅立ってほしい」という気持ちでいっぱいでした。

だから、延命措置をどうするかの議論になった時、「どんな形でもいいから、少しでも長く生きてほしい」という意見には賛同できませんでした。

そんな自分を、冷たいようにも感じましたが、でも、生命は永遠なのだから、地上での人生の長さより、むしろ、あの世への旅立ちが安らかであることのほうが大事だと思ったし、それは今も変わりません。

「あの世があり、肉体は滅びても魂は生きつづける」ということが、大きな救いでした。

『永遠の生命の世界~人は死んだらどうなるか~』大川隆法幸福の科学出版)という本から、一節を引用してみます。

死は、肉体人間にとっては確かに悲しいことではありますが、
霊的な目から見れば、
あの世への旅立ちであって、本来の世界に還ることです。
この世の生活は、外国の学校に留学しているようなものであり、
留学が終わって本国に還ることが死なのです。
人情として、あるいは文化として、死を悲しむのは分かりますが、
悲しみすぎると問題があるのです。
(186~187ページ)



大切な人との死別は誰しも経験することですが、「死は永遠の別れではない」という事実こそが、その悲しみを乗り越えるための鍵になるのではないかなと思います。

最後まで読んで下さって、本当にありがとう(^o^)
この一日が、あなたにとって幸福な一日でありますように♪

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム