「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

【機関紙】浜岡原発を止める前に自らが辞職せよ~『幸福実現News』緊急特別版21号より@幸福実現党HP

幸福実現党HPに、もう一つ、5月31日に、このようなお知らせもUPされています。

【機関紙】浜岡原発を止める前に自らが辞職せよ~『幸福実現News』緊急特別版21号より

※幸福実現党機関紙『幸福実現News緊急特別版第21号』の3面をweb記事としてご紹介いたします。

原発54基の現状
※5月14日現在
c3a0de8098040d0e48436141d690173d-300x290.png

浜岡原発を止める前に自らが辞職せよ
東日本大震災についても、一体だれが責任を取ったんですか。だれも取っていません。自然現象と言えば、自然現象という言い方もできるでしょう。唯物論の国だから、責任を取る人が出ません。自然現象が起きたと思っているからです。
仙谷由人(せんごくよしと)官房副長官はついこの前 「自衛隊は暴力装置だ」と言っていたはずです。その自衛隊が10万人以上投入されて、東日本の人たちの救済に当たっています。一言くらい謝りなさい。自衛隊の前に出て謝罪しなさい。それが善悪のけじめでしょう。
原発の風評被害もいろいろと言われていますが、政府の報道に対する指導が全くなっていませんでした。
特に外国報道に対して手が打てていなかったことへの責任は非常に大きいです。
放射能被害についてもいろいろなことを言いながら、後から「物が売れない」などと言い出して、それを「補償しなくてはいけない」と後手後手になっています。
これは絶対に政治責任があります。これが分からないのなら、政治音痴としか言いようがありません。今回の震災を梃子(てこ)にして「政治的に延命が図れる」と腹黒く考えているのであれば、許すことはできません。これは「正しさとは何か」を考える上で重要なことです。
福島原発の問題が世界に波及し、エネルギーや原発事情に大きな影響を与えていますが、政府の説明が十分でないために誤解も数多く与えました。
地震の後、津波が来て、水をかぶった発電機が故障して原子炉の冷却機能が働かなくなり、どうやって冷やすかという問題になりました。東電が海水をかけるか、かけないか判断するのに時間がかかって遅れを取り、そして炉心溶融(ろしんようゆう)するという話になっていったわけです。
政府は、発電機の故障により冷却装置が作動しなくなったことを、原子力そのものの危機として世界に広め、人々を震え上がらせました。

福島第一原発で何が起こったのか
福島第一原発の事故について、政府やマスコミ、市民運動家らは「原発の危険性」の問題として取り上げています。
しかし、その原因は受電鉄塔が倒壊して外部電源を喪失したことに加え、津波で非常用ディーゼル発電機が水没して故障し、冷却水が循環しなくなったことにあります。
地震によって原子炉の緊急停止装置が稼働し、核燃料の連鎖反応自体は止まっていました。
問題の本質は、予備電源の津波対策にあるのです。


経済を3分の2に縮小するつもりか
中部電力の浜岡原発においても、「15メートルの防波壁ができるまでは原発を止めろ」と言っています。
いずれ地震や津波が起きる可能性はあるかもしれませんが、ほとんど菅首相の責任逃れにしか見えません。
次のときには「ちゃんとやった」という言い訳を作ろうとしているのだろうと思いますが、その時には他の人に責任を取ってもらったらいいんです。
「今回の責任は自分が取れ」ということです。「浜岡原発をやめる前に、自分が先に辞めなさい」と言いたい。
実に卑怯です。もっと潔くあってほしい。自分たちの無明(むみょう)に関して、判断がつかなかったことに対して、対応の不備に対して、アナウンスの不十分さに対して、先見性のなさに対して、きちんと国民に対して説明し、謝罪してください。

浜岡原発停止の影響
271089127fcff8ab8b1e341a16b78f28-e1306563620993-300x189.png
今回、浜岡原発が停止されたことにより、全国各地の原発周辺住民の不安が高まってしまい、現在、停止中の原子炉の運転再開の見通しが立たなくなっています。
福島第一原発の事故を受け、定期検査の終了予定を過ぎても運転再開を延期している原発は現在6基。
今夏までに6基が定期検査に入る予定で、これらの原発が再開できなければ、国内の原子炉54 基のうち42 基が運転停止の事態に陥ります。
日本は総発電量の3割を原発に依存しており、中東諸国の政情不安が石油の安定供給に影響を及ぼすなか、わが国のエネルギー安全保障は窮地に立たされることになります。


アメリカは、福島第一原発の問題があったにしても、オバマ大統領は「原発を続ける。あれはクリーンエネルギーだから」と言い切っています。これは発電機による事故であって、原発の事故ではないことを理解しています。原発なくしてエネルギーを確保するのは相当大変で、CO2排出を止めることと矛盾する方向だと十分に彼は知っています。

浜岡原発を止める必要はない
浜岡原発は東海地震の想定震源域にありますが、国の耐震安全基準はクリアしています。
停止にあたり津波対策が焦点となりましたが、浜岡原発は各号機の原子炉建屋の屋上に非常用発電機を設置済みで、電源車も確保されており、さらに高台にも非常用発電機を配備する予定でした。
防波壁建設も大事ですが、他の津波対策が打たれており、2年間も運転を止める必要はありません。


スタート点においては、オバマ大統領も、菅首相や鳩山由紀夫前首相と似たような左寄りの政権であったにもかかわらず、オバマ大統領は3年ほど経つ間に、だんだんアメリカの大統領らしく成長しつつあります。
「アメリカ大統領としてやらねばならないこと」「国として、国益としてやらねばならないこと」「世界の正義としてやらねばならないことは何であるか」を問い続けて、少しずつ進歩しています。
日本のほうは、全く進歩していません。菅首相は市民運動の時から原発反対論者でしょう。だから今回の事故を奇貨(きか)として、原発をなくしてしまいたいと思っています。
しかし、その後のエネルギー事情をどうするのでしょうか。最終的にこの国をどうしていくつもりなのでしょうか。今の感じでは、3分の2ぐらいの規模にまで経済を縮小するつもりなのでしょうか。原始時代に戻りたいのでしょうか。そうなってからもう一回元に戻すのは、大変なエネルギーがいります。


――とのことですー!!!!!!!

(↓更新の励みになりますので、もしよろしければクリックお願いします♪)
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

*Comment

no politics

どうしてこれほど次元の低い、中身のない権力争いになってしまったのか。
たとえば、菅さんに代わって新しい方が総理大臣になったら、どういうことを国民にアッピールするのか。日本の政府は何をするのか。
大連立は手段であって、その目的はまた別であります。その話なしでは、国民は政治にはあまり興味はありません。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム