「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

【機関紙】善悪の判断が弱い日本人~『幸福実現News』緊急特別版21号より@幸福実現党HP

話が前後しますが、5月31日、幸福実現党HPに、このようなお知らせがUPされています。

【機関紙】善悪の判断が弱い日本人~『幸福実現News』緊急特別版21号より

※幸福実現党機関紙『幸福実現News緊急特別版第21号』の2面をweb記事としてご紹介いたします。

善悪の判断が弱い日本人

今、この時代に必要なことは、「正しさとは何か」を打ち立てることです。そのためには、正しさそのものを問う前に、邪(じゃ)なるものをはっきりと指摘することも大事です。
これは日本人の非常に弱いところです。善悪の分け方が非常に弱い。これは欧米的に言うと、知恵が弱いことに相当します。善悪のけじめをはっきりつけず、判定しないのは、結局、知恵がないのと同じことなのです。こうした風潮の中で民主主義を推し進めても、基本的な流れが善悪の判断ができない方向で進んでいるならば、間違った価値判断のなかで多数決をしても、よい政(まつりごと)ができるはずもありません。
幸福実現党は、国難について警鐘を鳴らし続けてきましたし、言っていることの正しさはすぐ検証できます。しかし、内容的に正しいことを言っていても、皆、知らぬ存ぜぬで何も言わないでしょう。
また、その反対の方向、悪なる方向を後押しした者が、それについて反省を一片(いっぺん)だにしていないことも事実です。それで笑って平気でいられるのが日本人だということです。

正義の追求ではぶれないアメリカ


キリスト教圏とイスラム教圏は9・11以来、10年戦ってきて、最近、ウサマ・ビンラディンの殺害事件がありました。
オバマ大統領のように、ビンラディンを襲撃しているところを、刻一刻、報告を受けながら見守るということを、日本の首相官邸ができるかといったら、できないと思います。報告を受けたら「やれ」と言った責任が生じるので、日本の官邸は聞きたくないはずです。
しかし、アメリカではトップが責任を取っています。それは、善悪について判断しているということです。判断を最初にしたのはブッシュ前大統領で、オバマ大統領は正反対の立場の人ではあるけれども、「アメリカにおける正義とは何か」ということに関しては、政党が極端から極端にぶれても、結論は変わっていません。
旅客機をハイジャックして、そこに乗っている何百人もの無垢(むく)の人たちを武器に仕立て上げ、3千人の罪なき人たちをビルごと吹っ飛ばしたテロに対して、「絶対にけじめをつけなければいけない」と、はっきりとした意思を持っていました。
「こういうことを放置しておいたら、何度でも同じことが起きる。だから『善悪ということは何か』ということを、はっきりと世界の人たちに、そして、過激組織の人たちに教えないといけない」「こういうことを徹底的に許してはならない」という一線、ここを譲らないということです。だから、極右から極左に政権が移っても、この結論に関しては譲っていません。これがアメリカの「誇り」です。
世界中が今後もそのようなテロに襲われ続けるのは絶対に許せないことなので、誰かが立ちはだからねばなりません。そこで世界最強のアメリカが責任を持って立ち上がり、戦ったわけです。「チェンジ」を訴えて替わったオバマ大統領ではあっても、結末について落とし前をつけるということについては、全くぶれていません。
しかし日本だったら、これはぶれるはずです。完全にぶれます。すぐ「そういうことはやめましょう」となるはずです。それは善悪の基準がとても弱いからです。
アメリカがぶれなかったということを、よく見ておかねばなりません。彼らは政治的な勝ち負けや、党派的な競争心よりも、「神の正義とは何か」「正しさとは何か」を追求しているのです。
日本人はそういうことを知らないで、単に戦争反対とか反戦主義、平和主義、融和政策とか言っていますが、もう一つ大事なものを実現しようとしてやっていることへの理解が足りません。そして結果についてだけ、あれこれ言う癖があります。


――とのことです。
画像&キャプションは割愛しましたので、上記のページにてご覧ください☆

(↓更新の励みになりますので、もしよろしければクリックお願いします♪)
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム