FC2ブログ

「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

母が亡くなって8年──死は「あの世への旅立ち」

母が亡くなったのは、今からちょうど8年前、1998年のことです。

半年ほどの闘病生活を経て、最後はとても安らかに息を引き取りました。

死に顔も、穏やかで、とても美しいものでした。

生前の生き方から見ても、そんなに間違ったところはなかったように思うので、──そう、いつも自分のことよりもまず人のことを考えるような人だったので、きっと天国に還ってくれたに違いないと信じています。

ただ、生前にしてあげられなかったことへの後悔というのは残っていて、その意味では、まだ少しつらい思い出です。

そんなこともあって、医療にかかわるような本やドラマなどは、当時のことを連想しがちなので、やや苦手なのです。

でも、『あなたがいてくれてよかった。~愛する人を看取るとき~』(荻田千榮、幸福の科学出版)という本は、変に心が痛むこともなく、読むことができました。

1000人の最期と向き合ってきたベテランナースによる、12人の患者さんとの心の交流を描いたエッセイです。

副題にもある通り、看取りの話が主なのですが、不思議と読後感は爽やかでした。

それはたぶん、死は「あの世への旅立ち」、という視点から描かれているからだと思います。

あとがきに、こんな言葉があります。

「死を考える」ということは、実は、「生きる意味を問う」ことと表裏一体なのではないかと思います。
私も、本書でご紹介してきた人々との折々の出会いを通して、生きる意味を考えてきました。
いま改めて振り返ってみますと、これらは「死の物語」であるとともに、「愛の物語」でもあったのだなと感じます。



どんなふうに生き、どんなふうに死んでいくのか。

そして、死にゆく人を、どんなふうに見送ればいいのか。

いろんなことを考えさせられながらも、どこか心温まる一冊でした。

最後まで読んで下さってありがとう♪
この一日が、みなさまにとって幸福な一日でありますように(^o^)

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム