「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

教育改革が急務……!!

先月末に発売されたばかりの雑誌「ザ・リバティ」4月号。

2月号、3月号と、連続でいじめ問題を取り上げていましたが、この4月号でも、引き続き、教育問題を特集しています。

目次をそのまま引用すると、こんな内容です。

◎特集:学校は復活するか
・子供と保護者の立場に立てば学校はよみがえる
・「話し合い」でいじめは本当に解決できるか?
・スクールカウンセラーはいじめ解決に有効か?
・教育再生会議「第一次報告」で残された課題


これまでも、さまざまな社会問題について鋭く斬り込んできた、この「ザ・リバティ」が、これだけ本腰を入れて教育問題を取り上げ続けていること自体が、いま日本においてどれほど教育改革が急務であるかを示唆しているように思います。

教育界の現状を知れば知るほど暗澹とした気持ちになってしまいますが、だからこそ、何とか変えていきたいし、変えていかなくてはならない!という思いに駆られます。

そのためにも、まず、この「ザ・リバティ」、そして『いじめ地獄から子供を救え!』幸福の科学出版)を、大勢の方に読んで頂きたい……!!

これを読めば、いじめなど教育の問題で悩んでいる方は、きっと解決の糸口が見つかりますし、日本の未来を憂える方も、何らかの手がかりを見出せるはずです。

一人ひとりが、いま自分にできることは何なのかを考えるべき時なのではないでしょうか。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking


ちなみに、この4月号のもう一つの目玉ではないかと思われるのが、あの世界的ベストセラー『神々の指紋』の著者である、グラハム・ハンコック氏の独占インタビュー記事。

「異次元の復活」と題して、彼の異次元世界への関心に焦点を当てた内容になっています。

何でも、最新作の『スーパーナチュラル』(邦訳は来年発刊予定)等では、異次元とのコンタクトをテーマとしているそうな。

インタビューの内容は、唯物論的な科学により、人類はいま危機的な状況にあって、そこから脱するには霊的な側面を復活させなければならない、といった趣旨のようです。

『人類の発祥、神々の叡智、文明の創造、すべての起源は「異次元」にあった』(徳間書店)で彼と対談しているエハン・デラヴィ氏も、インタビューに同席し、一部、登場しています。

かなりの読み応えあり。ぜひご一読を!

*Comment

急務に賛成です。

初めまして。「いじめから・・・」のブログからやって来ましたペチャと申します。私も県によって教育委員会の、いじめに対するルールが全然統一されてない事により校長や担任のやり方次第で結果が良い悪いの差が学校によって全然違うので早くちゃんと正しい法則を決めて欲しいです。明確にして頂きたいです。加害者が出席停止処分になる事だってどこからの学年の生徒に教師の方から伝わっているのか心配です。まだ知らない人も居たりして・・・。うちの息子もスクールカウンセラーが居る公立中に入学するのでリバティーの4月号を支部に行った時、購入します。本当に頼もしい雑誌ですよね。

ペチャさん、コメントありがとうございます。
いじめ問題は、本当に根が深くて、実情を知れば知るほど辛くなってきますが、できるところから少しずつでも闇を駆逐していきたいですよね!
「いじめから子供を守ろう!ネットワーク」のブログも、リバティも、本当に頼もしいかぎりです♪
  • posted by 百日紅!
  • URL
  • 2007.03/10 19:59分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「いじめられる側にも原因がある」…この言葉がある限りいじめはなくなりません

テレビで学生生徒同士がいじめについて語るときに常套句として出てくる、「いじめられる側にも原因がある」という言葉。今回はこの言葉について考えます。自分も中学生ぐらいまでの間いじめられていましたが、やっぱりこの言葉を言われました。そのときは「うん、自分も悪..

-

管理人の承認後に表示されます
  • from
  • at 2007.03.05 07:57

南山小学校について

南山小学校に関するサイトです。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム