「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

「いじめ隠ぺい」が子供を殺す、という現実

昨日も危惧していた通り、やはり今日(というか日付で言えば昨日)も書店には行けませんでした……。

つまり、いまだ入手していないわけです、幸福の科学総裁・大川隆法先生の新刊『復活の法~未来を、この手に~』幸福の科学出版)。

ううっ、早く読みたいのに~!

でも、その代わりといっては何ですが、ゆうべ(こちらは日付で言うと逆に今日。いわゆる午前様だったので)帰宅すると、郵便受けに届いていました、定期購読している「ザ・リバティ」2月号。

やっぱり年末だから、発売が早めになっているんでしょうか。

毎月30日が発売日なのですが、それからすると、ずいぶん早い。

ま、早く読めるに越したことはないので、まずはよかった(^o^)

しかし、今回の号は、ざっと目を通してみたところ、かなりショッキングな内容が書かれています。


表紙にも、大きく書いてあるのです、こんなふうに。

総力特集──日本の教育に正義を!
東京港区の名門小学校で学校・教育委員会が「いじめもみ消し」!?
「いじめ隠ぺい」が子供を殺す
教育委員会の根本的改革を


「隠ぺい」という言葉、そして「殺す」という言葉が、とてもショッキングで、でも記事を読んでみると、実際にそう言わざるを得ない状況のようなのです。

まだきちんと全て読んだわけではないのですが、とにかく、今のいじめの構造というのが、子供同士の問題だけではないんですね。

信じられないことに、学校や教育委員会が、いじめを行った児童をかばい、いじめられた子に対して口封じをして、いじめはそもそもなかったことにしようとする、といったことが横行しているのだそうです。

それでは本当に、いじめられた側は救われようがありません。

そんなひどいことになっているなんて、──恥ずかしながら、そこまでとは思っていなかった。

企業が不祥事を隠ぺいするのもひどいけれど、それ以上に、学校や教育委員会がいじめの事実を隠ぺいするのは、その被害を受けるのが、ただでさえいじめに遭って苦しんでいる子供たちであるというところが、とても許し難い。

隠ぺい行為を行う大人たちにとっては、いじめに遭った子供を言いくるめて黙らせるなんていうことは、それこそ赤子の手をひねるようなものなのだろう。

しかしそれはどう考えてもまともな大人のとるべき行動ではない。

まともな大人、まともな人間のやることではない。

血の通った人間の、やることではないと思う。

いじめ問題に関心をお持ちの方には、ぜひ一読して頂きたい内容です。

定期購読の場合、いつも発売日より1日か2日程度早めに届くので、おそらく明日か明後日(というか日付で言えば今日か明日)には書店に並ぶのではないかと思います。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

*Comment

東京都だけではありません。
教育委員会は結局学校の味方です。
今もわたし達はいじめに苦しんでいます。
それだけでなく、学校と教育委員会に苦しめられています。
トラックバックをさせていただきました。前後に生地も合わせてお読みいただけたら幸いです。
ご迷惑でしたら削除してください。
  • posted by yu-ri
  • URL
  • 2006.12/24 14:24分
  • [Edit]

こんにちは、コメントとTBありがとうございました。
ブログの記事のほうも読ませて頂きました。
本当に、知れば知るほど、いじめ問題に対する学校や教育委員会の対応は、信じ難く、許し難いものです。
いじめがこれだけ社会問題化しているのも、彼らの卑劣な隠ぺい行為が元凶なんだとつくづく思います。
yu-riさんのように、ブログで事実を公表することは、とても勇気の要ることだと思いますが、でも、事実を知れば、誰が聞いても「彼らの対応はおかしい!」と思うのですから、そうした形で訴えかけていくことは、とても大切だと思います。
これからも応援していますので、頑張ってください!!
  • posted by 百日紅!
  • URL
  • 2006.12/24 17:17分
  • [Edit]

いじめは最低の奴がやるものだ

多人数でいじめて口裏合わせてやっていないといい、被害者が少なかったら、多数決して、正しさを決めたら結果はひどいものになる。
だから、担任はよくわからないまま話合いなんてしちゃだめなんだよ。
きちんと調べて、いじめた子の間違いを正すせる人が担任にならないと問題解決しない。
学校の発表もひどいな。

朝まで生テレビで自殺といじめの問題についてやっていたが、教育現場崩壊しているとわかった。
安部首相に教育改革を期待するよ。
  • posted by たろう
  • URL
  • 2006.12/27 23:29分
  • [Edit]

たろうさま、コメントありがとうございます。
本当に、現状を詳しく知れば知るほど、信じられない!何とかしなきゃ!という思いが込み上げてきます。
なぜ教育の現場がここまで荒廃してしまったのか、その根本的な原因を追求して、根底から改革していかないと、どうしようもないですね。
教育改革が、言葉だけに終わらないことを、私も期待したいです。
  • posted by 百日紅!
  • URL
  • 2006.12/28 00:42分
  • [Edit]

私も幸福の科学の仏弟子ですが、ザ・リバティ2月号の記事を読んだところ、とても悲惨な記事が書かれていて私としてもとてもショックでした。
いじめをするような最低な人間にはなりたくないものです
  • posted by CLOUD
  • URL
  • 2006.12/28 21:10分
  • [Edit]

CLOUDさん、コメントありがとうございます。
記事の内容は、本当にショッキングでした。
何よりも、自分たちの保身のために、いじめを隠ぺいしようとする大人たちの存在に、強い憤りを感じます。
いじめがあったという事実をそもそも認めなければ、いじめをなくすことも、今後いじめが起きないように対策を立てることもできません。
何とかして、教育の世界が浄化されていくことを願ってやみません!!
  • posted by 百日紅!
  • URL
  • 2006.12/29 02:18分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『謝罪』 その後 「いじめを受けた子を持つ親として」

 前回の記事に対し、皆様から沢山のコメントをいただき、ありがとうございまいた。コメントへのお返事を兼ねて、そのごの報告をさせていただきます。(記事の下部にコメントへのお返事を簡単ですが、追記いたしました。) 教育委員会の見解は、最初は記事に書いたとおり、

生まれ変わりって本当にあるの?

人間って、死んだらどうなるの? 生まれ変わってくるの? 動物に生まれ変わったりしないの? そんな疑問を持ってる人って、多いんじゃないかな。幸福の科学の大川隆法先生は、『釈迦の本心』(幸福の科学出版)で、こう教えておられます。 「人間は、人間の魂として、す

いじめ問題の驚くべき実態

先月の末ごろに、「いじめ問題解決に向け、義家弘介氏に期待する。」という記事を書きました。しかし、どうも、見ていると、あの教育再生会議というのも、どこまで実効性のある施策を打ち出せるのかというのは、疑問ではあります。そして、その記事を書いた時点では、私は、

いじめ問題の驚くべき実態

先月の末ごろに、「いじめ問題解決に向け、義家弘介氏に期待する。」という記事を書きました。しかし、どうも、見ていると、あの教育再生会議というのも、どこまで実効性のある施策を打ち出せるのかというのは、疑問ではあります。そして、その記事を書いた時点では、私は、

エチゼンクラゲからコラーゲン抽出 化粧品原料メーカー

 今日は、北海道教育委員会が昨年12月に行ったいじめ実態調査に対し、北海道教職員組合(北教組)が道内全21支部に、協力しないよう「指導」していたという記事について。  記事を読むと、まあすぐ北海道教育委員会(国)VS北海道教職員組合の形が見えてくるが、北教組

Dr.関塾・子供教育 活用ガイド

関塾とは,「人からひとへの教育」を目指す進学塾です。子供教育と進学塾の活用について分かりやすくガイドします。

通信添削「ドラゼミ」

●○「百ます計算」でおなじみの、陰山英男先生が総監修○● o((=^♀^=))o

新着記事のお知らせ【ジェイおじちゃんの教育ブログ】

今回は幼児向け教育ビデオ発売のご案内で、新着記事のお知らせです。ジェイおじちゃんの教育ブログ 管理人j-ojichan(子供ぽるた)(教育ブログ)

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム