「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

幸福実現党「神奈川にて惠隆之介氏講演会を開催しました。(11/21)」

幸福実現党HPの「最新ニュース」のところにUPされたお知らせをご紹介します。

神奈川にて惠隆之介氏講演会を開催しました。(11/21)

11月21日(日)、「尖閣を守ろう!神奈川実行委員会」主催の惠隆之介氏講演会「沖縄・尖閣の危機~今、沖縄が危ない!!日本が危ない!!~」(於:幸福の科学横浜中央支部)には、チラシをご覧になった近隣の一般の方にも多数ご参加いただきました。

初めに惠氏の著作「海の武士道」をイギリス海軍の協力を得て映像化したというDVDが流され、危険海域において敵兵を救助した日本海軍の精神性の高さ、海軍がいかにすぐれた人材を輩出してきたか、また英米の海軍にもそれを認められていたという事実を知り、会場に感動が満ちわたりました。

続いての惠氏の講演では、沖縄の本音と建前の相違、戦前に比して戦後は民度が飛躍的に向上しており、米軍や本土の犠牲になどなっていないこと等が語られました。

まず、沖縄が本土の犠牲になっているという論拠の一つに、在日米軍基地の78%が沖縄に集中していると言われていますが、実際は24%に過ぎないという事実が指摘され、会場にどよめきが広がりました。

戦前の沖縄は琉球王朝による封鎖的な村制度のために遺伝子異常が多く、感染症の発症は全国の8倍、人口59万(※現在は139万)、平均寿命は48歳という状況であったものが、戦後の米軍統治下で村が解放され、またその公衆衛生施策によって感染症を撲滅、長寿日本一と言われるまでになっており、むしろ米軍統治に感謝せねばならないほどであるという論を展開。

また、沖縄決戦についても、日本政府は事前に疎開を進め、疎開しなかった人々のために日米両軍が非武装地帯を設けて民間人を助けようとしたにもかかわらず、なかなかその勧めに応じず、日本軍の壕になだれこんできた住民を追い返そうとした日本軍人の姿が、まるで沖縄の人を虐げている姿のように間違って伝えられているという指摘もありました。

更に、1960年代に日本への復帰運動を進めた左翼的教職員たちが、今度は日本政府の非を唱え、米軍を追い出そうと運動していると、左翼団体の矛盾についても指摘。

そして、沖縄を守り、日本を守るために必要なことは、

(1)再軍備(誇りある軍隊の復活)
(2)真なるリーダーの復活
(3)国民一人ひとりが当事者意識を持つこと

と訴えられました。

 続いての質疑応答には次々と手があがり、熱心な応答が2時間近くも繰り広げられ、参加された皆様の関心の深さがうかがえました。

以上

尖閣を守ろう!神奈川実行委員会



──画像からも熱気が伝わってきます!

《関連サイト》
金城タツローオフィシャルホームページ 沖縄県で唯一の普天間基地県内移設派
金城タツローの幸福維新(ブログ)

(Just click each banners below once a day. Thank you!)
(↓もしよければ、1日1クリックずつ頂けたら嬉しいです♪)
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

*Comment

politics

ある島の小さな町の話であるが、町長選びで激しい選挙が行われ、選挙当日には混乱を防ぐために機動隊も出て、その後しこりが残り町が二分したのだそうである。
そこには、投票率が95%を越えるという、選挙民の関心の高さがある。
誰がどちらの候補者に投票したのか全てが分かっていて、その対立感情が嵩じて近所づきあい・日常生活にも支障が生じるのだという。

国会議員が党首を選ぶ場合にも、これと似たようなものがある。
できるだけ大勢の候補者を出して、選挙民に政策選択の幅を広げようというのではない。
何んと、派閥の領袖の密室談合により選挙以前に候補者を一人に絞らなくてはならない。
そうでなければ選挙になり、その後の離党・党内分裂による政権離脱を恐れなくてはならないからである。
人気ある政策選びの期待よりも、感情的な対立の方が心配である。
感情的な関心事以上のものが、選挙民にはないからであろう。政治の選択もスポーツの観戦と同じ次元で行われている。

国民の政治哲学の無さが、我が国の政治の低さを示している。
自己の理想を実現する意思があれば、公言・宣言できる。
議会で議論もできる。議会制民主主義も可能になる。

意思がなければ、恣意を頼りに、小言・片言・独り言をつぶやく。
公衆の面前での討論会はなく、密室談合による恣意のすり合わせにより決着を図ろうとする。
談合により以心伝心の効果を期待しているが、外国人には通じない。
筋の通った意見というものは、ほとんど見られないので、議論はできない。
和をもって貴しとなすが、議論をすれば喧嘩になる。だから、議会制民主主義は形骸化している。

序列的習慣を墨守しなければ、国民は分裂する。理性判断はなく、序列判断がある。
我が国は、戦前・戦後を通じて、親分の談合と天の声により運営される国家であることに変わりがない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム