「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

「天使の幸福 一転語」

この日曜は、幸福の科学のエル・カンターレ祭の最終日。

私も支部で経典セットを拝受しました。

……今、一瞬、「拝受」じゃなくて「GET」って言いかけたんですが、さすがに不謹慎かなと思って控えました(^_^;

それはさておき、今回の経典セットには、「天使の幸福 一転語」というものがオマケ的に付いていました。

幸福の科学の精舎に行くと、よく、「一転語カード」という、短い仏法真理の言葉が書かれた、おみくじみたいなものが置いてありますよね。

おみくじといっても、吉凶を占うのではなくて、その時に引いた一枚に書かれた言葉が、今の自分にとても必要な言葉だったりする。

今回の経典セットに付いていたのも、それに似ていました。

私が引いた言葉、というか、私が拝受したセットの中に入っていたカードに書かれていた言葉は、これです。

仏の心をみずからの心として、
世の人びとを悟らせ、
救済していくことが、
菩薩たちの地上での人生です。

『永遠の法』P.183)

見た瞬間、「間違えて引いちゃったかな」と思いました。

今の私からすると、あまりにも遠い世界のことのような気がしたのです。

でも、今、この言葉を書き写しながら、思いました。

「仏の心をみずからの心とする」ことと、「世の人びとを悟らせ、救済していく」ことは、無我になるための二つの方法と同じではないか、と。

つまり、無我になる二つの方法とは、一つは仏と一体となること、そして、もう一つは利他、愛他であると、大川隆法先生は説かれています。

無我を一生の課題として生きていこうと誓った私にとって、この言葉は決して無縁なものではないと、思い直しました。

ついつい、「私なんか、とてもダメ」と思ってしまいそうになりますし、現実の自分を見ればその通りである部分も多いのですが、自分の中の仏性を信じて、菩薩を目指さねば!と改めて思いました。

勝手な解釈ではありますが、このカードの言葉を、「肉身の菩薩として生きよ!」という仏の御心として受け取りたいと思います(わ~、かなり図々しいかもっ!)。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アナログ人間とカード

根っからのアナログ人間である私が、クレジットカードと出会いそれを使用してゆくまでの体験を書いたブログ。カード本体よりも、格好良いカードケースの方が面白いと思っているのは秘密です。

-

管理人の承認後に表示されます
  • from
  • at 2006.12.14 09:12

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム