「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

“本物の愛”とは?

幸福の科学総裁・大川隆法先生が最初に著された理論書、『太陽の法~エル・カンターレへの道~』幸福の科学出版)の第3章「愛の大河」に、このようなくだりがあります。

愛は両極端です。
すなわち、本物の愛は最高の幸せをもたらし、
偽物の愛は、最大の不幸をもたらします。
愛は、人生のよろこびの大半であり、
また、それを誤解した場合には人生の苦しみの大半でもあります。
愛の本質をつかみ、愛を自分の思うがままにあやつりながら、
最大の幸福をめざしてゆく。
その方向には、ひと筋の光明がさし来たっているかに見えます。
その行く手には、神が、笑顔で、
大きく手を広げて待っておられるようにも思えます。
(128ページ)


ここから分かるのは、「愛にも“本物”と“偽物”がある」ということ。

そして、愛は信仰へとつながっていくものであるということ。

さらに、この直前には、こうも書かれています。

愛をどこまでつかめるか。
愛の本質をどこまで洞察しえるか。
これは、人類に与えられたひとつの課題です。
ひとつの問題です。
そして、それは、
ひとつのよろこびであり、ひとつの幸福であり、
ひとつの悩みであり、ひとつの苦しみでもあります。
(127ページ)


愛とは、人間にとって、人生において、ある意味で最も重要なものであり、そこから魂の糧として学びうるものは、計り知れないほど大きいのだと思います。

その“本物の愛”とは、言い換えれば、きっと「無我なる愛」とも呼べるものなのだろうけれど、私はまだそれを実感としてつかめてはいません。

残りの人生をかけて、少しでもそれを感じ取れるよう、その片鱗だけでも汲み取ることができるよう、精進していきたいと思います。

愛を深めるということにおいて、限りはないですし、「エル・カンターレへの道」にもまた、限りはないのですから。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

*Comment

利他的な愛の実践は一生勉強なのでしょうね。
  • posted by 舞
  • URL
  • 2006.12/09 23:05分
  • [Edit]

舞さん、コメントありがとうございます。
本当にそうですよね。
周りを見ていると、当たり前のように人に親切にして、感謝も何も求めないでニコニコしている人も結構います。
私にはそれはとても驚きなのですが、彼らにとってはそれが普通みたいです。
あんなふうになれるまでには、私の場合、何回も何回も転生を繰り返さないといけないんだろうな~。
でも、そうなりたいと思い続ければ、少しずつそうなっていけるはず!
そう信じて、日々諦めずに前進していきたいと思っています。
  • posted by 百日紅!
  • URL
  • 2006.12/10 04:41分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム