FC2ブログ

「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

照魔シアター

まだ、一部の映画館で上映が続いていますが、映画「永遠の法」

この中で印象的なシーンの一つに、“照魔シアター”のエピソードがあります。

照魔シアターというのは、死んだばかりの人が、生前の知り合いなど、大勢の人たちの目の前で、自分の人生をスクリーンに映し出されて、その思いと行いとをつぶさに振り返り、その結果、天国に行くか地獄に行くかが決まる、というもの(分かりにくい説明ですみません)。

これは本当に、考えるだに恐ろしいシステムです。

でも、実際に本当らしいです……!!

私なんて、こんなのをみんなの前で見せられるぐらいなら、いっそ真っ逆様に地獄に堕ちたほうがマシ、とか、ときどき思っちゃいます(^_^;

というのも、普通の人、一般的な人は、そういう照魔シアターみたいな形で生前の人生を振り返るのですが、生前からものすごい極悪人だった人、何体もの憑依霊に取り憑かれていた人などは、そんな暇もなく、あっと言う間に地獄に引きずり込まれるのだそうです。

それももちろん怖いし最悪なんですが、そのほうがまだマシかもしれない、なんて思ったりもします……半ば冗談ですが(^_^;

照魔シアター的なものについては、『永遠の生命の世界~人は死んだらどうなるか~』大川隆法幸福の科学出版)などにも詳しいですし、そのほか、『悟りに到る道~心の発見から発展へ~』(同)の第1章「天国と地獄」にも、“生前を映すスクリーン”という話の中に、こんな記述があります。

この世で生きている人間は、
人の目はいくらでもごまかすこともできるので、
それほどわからないのですが、
あの世へ行ったときには全部公開されます。
そのときに、
自分自身とは何者であるかということを知らされるのです。
そこで、
「こういうふうにならないように、早めに反省をしなさい」
というのが、
当会の反省の教えなのです。
「生きているうちから反省を始めておけば、早いですよ」
というのは、このことなのです。
(47~48ページ)


要するに、死後、照魔シアターで恥ずかしい思いをしないためには、生前、きちんと生きておくしかない、ということですね。

ああ、頑張らないと。

……それも、かなり気合を入れて頑張らないと……!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

*Comment

何故か自分にとってあまり怖いとは思わないんですよ。悪い行いがこの人生でなかったかと言うと、そんなこと全くないんですケド。
キット、実際に観せられてないから解らないだけなのかもしれませんね(汗)

白日紅さんのブログはとてもためになるのでブックマークして読んでます♪♪
一日にどれくらいお勉強なさっているのですか??
私なんて、仕事だけで疲れちゃって最近全然本も読んでません(汗)
  • posted by ありす
  • URL
  • 2006.10/30 08:00分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2006.10/30 10:59分
  • [Edit]

わかります(笑
ものすごくよくわかります。
親兄弟が信者だったら、絶対に「お願いだから私の照魔シアター見に来ないでおねがいよぉぉぉ」と頼んでいるはずです。
途中苦笑・失笑の連続でもラストは温かな拍手で幕を閉じる、そんな人生という名のドラマめざしてお互い精進しましょうね!
  • posted by はなあかり
  • URL
  • 2006.10/30 17:01分
  • [Edit]

ありすさん、素晴らしいですね!
きっと、私みたいに過ちだらけの人生じゃないからですよ、それは。
私も、ほとんどこのブログを書くだけで手一杯で、あんまりちゃんと勉強できていません(^_^;
前に、「一日一行でもいいから読もう」というのを戒にしている、という人がいました。
一行読もうとすると、何行かは自動的に読んでしまい、うまくいけば一章ぐらい読んでしまう、という話でした。
そんな感じでやるといいのかも♪
お互いに頑張りましょう!!


非公開コメントさま、こんばんは。
しかし、幸福の科学って、美しい人が多いですよね!
内面の輝きが、「オーラ」となって表れるんでしょうかね~?
前に、精舎で小川知子さんを見かけたのですが、やはり、尋常ならざる美しさでした。
ハッとして、見とれちゃいました~(^o^)


はなあかりさん、コメントありがとうございます。
ほんと、そうですよね。
私の場合は、苦笑・失笑にとどまらず爆笑も入ってしまうかもしれませんが(笑)、ラストはそんな感じで、「途中いろいろあったけど、全体として見れば、まあまあ頑張ったほうかもね。お疲れさま」って言ってもらえるといいなあ。
……そのためには、今後の人生でかなり挽回を試みないといけませんが、頑張ります♪
  • posted by 百日紅!
  • URL
  • 2006.10/31 01:22分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム