「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

『ハーバード大学人気No.1講義HAPPIER(ハピアー)』がすごい!

何だか知らないけど、前にも少し紹介した『ハーバード大学人気No.1講義 HAPPIER(ハピアー)~幸福も成功も手にするシークレット・メソッド~』(タル・ベン・シャハー著、坂本貢一訳)が、すごいことになっているようです。何回か日経新聞の広告にも載ったので、ご存じの方も多いかと思いますが、あのアマゾンで第2位!(2007.12.29 ビジネス)になったそうな。この本は、幸福の科学の教えを学んでいる者としても、ふむふむ、ま...

「誌面サンプルへ」をクリックすると……!!

もう、ホンマに驚きますワ。久々にのぞいてみたんですワ、YBFC~「ヤング・ブッダ」ファンクラブ!~。そしたら、まあ、こんな記事が。「ヤング・ブッダ」最新号が読める!なんと、幸福の科学HP上で、「ヤング・ブッダ」が読めてしまう、という。あらまあ、こんな時代なんやねえ。(すいません、今、関西方面の人々の登場するエッセイを読んでいるもので、微妙に関西弁風の言葉が混入中です)で、もしかして、と思って、月刊「幸...

仏の温かい眼を信じる心

うまく言えないのですが、ときどき、ああ、主に愛されている、主に愛されていた、あの時も、この時も、主に愛され続けてきた……ということを、ものすごく強く感じる時があります。感じるというより、「分かってしまう」というような感覚でしょうか。もちろん、考えるとか、想像するというのでもなくて。そんなことを思っていて、『宗教選択の時代~ネオ・ジャパニーズ・ドリームへの胎動~』(大川隆法、幸福の科学出版)第2章「信...

易しく説き起こしながら。

昨年末に発刊された、大川隆法総裁の最新刊『生命の法(いのちのほう)~真実の人生を生き切るには~』。法シリーズの第13作に当たる一冊ですが、もし、法シリーズに「難しい!」というイメージを持っている方がいたら、そんな方にこそ、この一冊をお勧めしたいなあと思います。第1章「生きてゆく心がけ」では、まず、韓流ブームの先駆けとなった韓国ドラマ「冬のソナタ」が題材として取り上げられています。あのドラマを仏法真理...

映画「永遠の法」を懐かしむ♪

この前、久々に「幸福の天の河」を聞いたのですが、やっぱりいいですね。胸にしみ入るんだな~、これが。映画「永遠の法」サウンドトラックそして、何だか映画「永遠の法」が懐かしくなってしまい、やはり久々だったのですが、幸福の科学「永遠の法」オマージュ:星川隆太日誌をのぞいてみました。すると、なんと、こんな記事がUPされていたではないですか。さらに、「永遠の法」の動画を喜び勇んで、さっそく再生し、堪能してし...

ちょっとしたイノベーション!?

年も改まったことですし、テンプレートを別なのにしてみました。いかがでしょうか。どことなく夏を感じさせ、少々季節を先取りしすぎた感もありますが(笑)。あと、ブログ名も、思い切って、「幸福の科学」を前面に押し出した形に変えてみました。もともとのメインタイトル「百日紅!の独白」は、愛着があったので、サブタイトル的に残してみました。まあ、そんなわけで、本年もボチボチやっていこうかと思いますので、みなさま、...

右サイドメニュー

ブログ内検索

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム