「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

『感動のシニアライフ~50代から考える充実人生~』を読んで

少し久々の更新になってしまいました。書こう書こうと思っていたのが、先日読み終えた『感動のシニアライフ~50代から考える充実人生~』(国司義彦、幸福の科学出版)の感想です。まず、「まえがき」を読んで「ほぉ~っ」と思ったのですが、この著者は、幸福の科学の信者ではないんですね。こう書いてあります。私は特定の信仰をもたない人間である。ただ、「人智の及ばない大きな力で地球や宇宙が動かされ、私たちが存在している...

ガンになりやすいタイプの一つ──自己処罰型

昨年末に発刊された『復活の法~未来を、この手に~』(大川隆法、幸福の科学出版)の第2章「老いと病、健康について」に、“ガンになりやすい二つのタイプ”として、“攻撃型と自己処罰型”が挙げられています。その“自己処罰型”のほうについて、こんなことが書かれています。誠実で責任感が強く、使命感があり、まじめで仕事をさぼらない、すごく熱心な、いい人ではあっても、自己処罰の観念が強いと、自分という、人間として生まれ...

心に響く言葉

もし、幸福の科学総裁・大川隆法先生の著作の中から、いちばん心に響く言葉を一つだけ選び出せと言われたら、どれを取るだろう?私なら、少なくとも現時点では、これかもしれない。『もろもろの事象は過ぎ去るものである。怠ることなく修行を完成させよ』(『太陽の法~エル・カンターレへの道~』〔幸福の科学出版〕第4章「悟りの極致」231ページより)この言葉が心に響く理由──。一つは、つまらないことに拘泥している場合か?...

「アー・ユー・ハッピー?」2月号、絶賛発売中!!

ちょっと遅れて、ようやく手に入れることができました、「アー・ユー・ハッピー?」2月号(15日発売)。この2月号で、まず目を引くのは、「いじめ」関連の記事でしょうか。まず、“「いじめ」から子どもを守ろう!”という新連載。そして、“学校ぐるみの「いじめ隠し」からわが子を守るには”という提言(もしかしたら上記の新連載の一部かも)。さらには、「鈴木真実哉(まみや)のよくわかる経済学 」という連載でも、“「いじめ...

衰弱(笑)でダウン。

私事ではありますが、風邪、というより衰弱(笑)で、ダウンしました。よりによってこの時期にダウンした私は、つまりは霊的なガードが甘い、ってこと、かな。「アー・ユー・ハッピー?」2月号も、15日に発売になっているはずだが、何かの手違いらしく、まだ届かないし(定期購読しているのだが)。……とにかく頑張ろう。人気blogランキングへFC2 Blog Ranking...

地涌(じゆ)の菩薩

たとえば、『幸福の革命~心の力が未来を変える~』(大川隆法、幸福の科学出版)の第4章「未来への選択」には、このようなことが書かれています。人間は生まれによって決定されるのではありません。人間は思いと行ないによって、「いかなる人間であり、いかなる人生を送ったか」ということが決められるのです。この世の中において、この宗教的真理のなかを生きるとき、みなさんはすでにこの世の存在ではありません。実在界の諸如...

究極の自己実現

『成功の法~真のエリートを目指して~』(大川隆法、幸福の科学出版)という本の第7章「究極の自己実現」に、このようなことが書いてあります。地上を去るときに持って還れるものは何かというと、自分の経験と人格だけなのです。それを「心」という言葉で表してもよいのですが、経験と人格だけが残っていくわけです。そうすると、究極の自己実現とは、結局、「みずからの人格や経験のところに、どれだけの光を増すか」ということ...

苦しみの原因

『仏陀の証明~偉大なる悟りの復活~』(大川隆法、幸福の科学出版)の第4章「解脱の言葉『仏説・八正道』」に、こんな一節があります。苦しみの原因は何かというと、「貪(とん)・瞋(じん)・癡(ち)」のなかの、特に「貪」です。貪りの心、抑えることができない欲望、「欲しい、欲しい」という思い──これが、ほとんどの苦しみのもとなのです。「自分がなぜ苦しいか」ということを反省してみれば、ほとんどの原因が、この「貪...

『生まれる前からハッピー育児!~小児科ドクターが明かす、おなかの赤ちゃんのふしぎ』

一冊の中にたくさんの愛が詰まった本を読み終えて、今、とても幸せな気持ちです。その本とは、『生まれる前からハッピー育児!~小児科ドクターが明かす、おなかの赤ちゃんのふしぎ』(上田隆、幸福の科学出版)。本の内容は、もう上記のHPからそのまま引用してしまうと──新生児医療の臨床歴25年の小児科医、いわば“赤ちゃんのプロ中のプロ”が、「赤ちゃんの心と体にとって、本当によいお産と育児とは何か」を解き明かします。著...

「永遠」の意味(そして仕事における無我)

何となく、原点に立ち返りたい気持ちになり、『幸福の原理~救世主立つ~』(大川隆法、幸福の科学出版)を繙いてみました。その第一部「幸福の原理」、これは1987年第1回講演会の内容を収めたものですが、ここに、幸福の科学の教えの中核が既に明らかにされていることに、改めて驚きと感動を覚えます。この世とあの世を貫く幸福。正しき心の探究。愛・知・反省・発展という、現代の四正道(よんしょうどう)。そして、冒頭には、2...

「いじめ問題について」

昨年末に、「ザ・リバティ」2月号、絶賛発売中!!という記事でも少し触れましたが、今、全国の幸福の科学の支部・拠点で、大川隆法総裁の御法話「いじめ問題について」を拝聴することができます(3月末まで)。私も、このお話を聴いて、今、全国各地で多発しているいじめ問題の実態について、少なからず理解を深めることができました。その本質の悪辣さ、根深さ、恐ろしさ。いじめ行為自体もひどいけれど、それ以上にひどい、いじ...

幸福の科学出版HPリニューアルオープン!

昨日も書きましたが、幸福の科学出版HP、いま見たら、ちゃんとリニューアルされてました。……で、密かに感動しています。だって、すごく使い勝手がいいのです。実は、前のバージョンの時、「ここがもうちょっとこうなってるといいのにな……」って思っていた点が幾つかあって、しかし、今回、それがほとんど、そうなってほしかったようになっているではないですか!!音楽CDも載っているし。映画も載っているし。一般書も、一冊ず...

Golden Breeze「同じ時代」~目覚めの一曲

みなさまは、決まった「目覚めの一曲」ってありますか?私は、ここのところずっと、「同じ時代」という曲で目覚めています。毎朝、一定の時間になると、その曲が流れるようにセットしてあるわけです。歌っているのは、Golden Breeze。そう、あの2003年に公開された映画『黄金の法』の主題歌『愛と、勇気を。』を歌っていたユニットですよね。で、彼女たちが歌っている、この「同じ時代」という曲を、確か20003年ないし2004年頃にど...

前略、須藤元気さま。

幸福の科学とは何の関係もない話ではありますが、格闘家の須藤元気さんが、引退を表明されたそうですね。(……話題として、やや古いですかね、昨年末の話ですから。)なんでも、引退後は中南米への放浪の旅を夢見ているとかで、春にはバックパッカーとしてメキシコに旅立つのだそうです。須藤元気さんと言えば、江原啓之さん&美輪明宏さんの「オーラの泉」というテレビ番組に出演された時の内容が、とても印象的でした。職業からす...

不惜身命の誓い

宗教において、信仰において、とても大切な言葉として、「不惜身命」という言葉があります。『仏陀の証明~偉大なる悟りの復活~』(大川隆法、幸福の科学出版)という本は、幸福の科学の根本経典である『仏説・正心法語』の解説をしつつ、仏陀の根本精神というものを解き明かした一冊です。その中の第5章「無限の言葉『仏説・伝道経』」では、「不惜身命」について、このように書かれています。...

愛は風の如く

昨年の秋、「永遠の法」という映画が公開されたことは記憶に新しいところですが、その3年前、2003年に公開されたのが、映画「黄金の法」。その中で、ヘルメス神が“霊術使い”プロメティウスと対決するシーンがありますが、その詳細については、『愛は風の如く①~④』(大川隆法、幸福の科学出版)にも書かれています。「宗教家としての出発」という副題の付いた第4巻の、第38章「プロメティウスの最期」で、ヘルメス神は、次のような...

志を持ちつづける……!!

何となく、新年でもありますし、若々しく、元気な教えに触れたいな!と思い(っていう言い方が、かなり年寄りくさいのが気にならなくもないですが)、繙いてみたのが、『青春に贈る~未来をつかむ人生戦略~』(大川隆法、幸福の科学出版)。パラパラと読んでみたら、あったあった、ありました、私の求めていたような、なんか、やる気が湧いてくるような、エネルギッシュな一節が。...

2007年の抱負、みたいなことを少し。

2007年の年初にあたり、今年1年の抱負めいたことを、少し書いておこうかなと思います。まず思うことは、もしかしたらそれは今年のみにとどまらないことかもしれないのですが、とにかく透明でありたい、ということ。言い換えれば、無我、ということ。心は何かにつけて曇りがちではありますが、曇った心でもっては、物事を正しく見ることができません。人の善意も真っ直ぐに受け取れなかったり、自分の可能性も信じきれなくなったり...

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム