「幸福の科学」信者が本音で語る          ~百日紅!の独白~

一人でも多くの人に、「幸福の科学」(こうふくのかがく)の信仰の素晴らしさを伝えたい――そんな気持ちで始めたブログです。 幸福を科学しつつ、心のユートピアを広げていけたらと思います。(※「幸福の科学」の一信者が個人的に運営している非公式ブログです。)

真なる優しさは真なる悲しみにつながってゆく

今日は、自らへの癒しも込めてなのですが、日々の選挙活動でお疲れのみなさまにとって、心の潤いになってくれたら、という願いを込めて、『携帯版 仏陀再誕 THE REBIRTH OF BUDDHA ~縁生の弟子たちへのメッセージ~』から少し引用してみます。第3章「愚か者となるな」の、「優しさの価値」という節からです。優しさとは何であるかというと、生きていて幸せだ、と多くの人に思ってもらうことだ。こうした優しさを持ち合わさずに...

魂を光らせるもの

みなさま、こんにちは!さて、月刊「ヤング・ブッダ」で、マンガ『仏陀再誕』の連載が始まりましたね!描くのは、なんと、あの『金田一少年の事件簿』で有名な、さとうふみやさん(幸福実現党では「文化局長」に就任されているようです!)。ん~、やっぱさすがにうまい(当たり前か)。そして主人公・小夜子が可愛い……♪カレシ(じゃないと小夜子は主張しているが)の勇気も、なかなかかっこいいですね。初回はちょっとホラー調で...

地涌の菩薩

幸福の科学総裁・大川隆法先生の著書『永遠の仏陀~不滅の光、いまここに~』の第3章「不滅の力」に、次のようなくだりがあります。おまえたちが、その心に、聖なる使命を刻み、そして、その使命を遂行せんとして、強く、心に決意した時に、おまえたち一人ひとりが、地涌(じゆ)の菩薩となるのだ。あたかも、大地から菩薩がわいて出たかのように、次から次へと、この地に菩薩があふれるであろう。我は、この目にて、その姿を見た...

『携帯版 仏陀再誕』広告@産経新聞(4月12日)

さて、みなさま、お元気でお過ごしのことと存じます。実は私、ちょっと風邪をひいてしまいました。といっても、日常生活に支障が出るほど(つまり寝込むほど)には至っていないのですが、やはり季節の変わり目は寒暖の差も激しいので、健康管理には十分注意が必要ですね。みなさまも、どうぞお気をつけください。そんな中、この4月12日(日)の産経新聞に、『携帯版 仏陀再誕 THE REBIRTH OF BUDDHA ~縁生の弟子たちへのメッ...

『携帯版 仏陀再誕』紹介ページ&特設ページ

みなさま、こんにちは!ここのところ、「暖かい」を通り越して「暑い」とすら感じる日もあったりして、早くも初夏の気分ですね♪さてさて、そんな中、先日もチラッとお知らせした『携帯版 仏陀再誕』(大川隆法)ですが、幸福の科学出版HPに、商品紹介のページがUPされていますね!『携帯版 仏陀再誕 THE REBIRTH OF BUDDHA ~縁生の弟子たちへのメッセージ~』364頁  2009-04-08発行ISBN978-4-87688-386-8定価 840円(税込)...

携帯版『仏陀再誕』&『知的青春のすすめ』発刊のお知らせ!!

さてさて、そうこうするうちに、3月も終わりに近づき、新年度が始まろうとしています。そんな中、いつものように(宗)幸福の科学HPを見ていたら、またまたビッグニュースを発見!!大川隆法総裁の書籍 携帯版『仏陀再誕』発刊のお知らせ4/8より全国書店にて発刊予定あのスーパー・ロングセラー『仏陀再誕』が、待望の携帯版で発刊!二千五百数十年の時を経て蘇った仏陀の説法が、今、ここに明かされた。すべての仏弟子に贈...

革新的な理論だった仏教

今日は、幸福の科学総裁・大川隆法先生の著書『釈迦の本心~よみがえる仏陀の悟り~』から引用してみたいと思います。第4章「『空』の思想」の、「人間とは何か」という節からです。まず、「人間とは何か」ということですが、この問いに対して、釈迦は革命的な定義を与えました。当時のインドの思想においては、「人間は宿業を背負った存在であって、生まれながらにして貴賤が決まっており、ある意味では、生まれたとき、すでに運...

魂の生地の洗濯

みなさま、こんにちは!いつも読んでくださり、本当にありがとうございます。今日は、幸福の科学総裁・大川隆法先生の著書『永遠の仏陀~不滅の光、いまここに~』から、一節をご紹介したいと思います。第4章「跳躍の時」の、「魂の生地の洗濯」という節からです。おまえたちは、偉大な考えを持つということを、非凡な考えを持つことと捉え、難しい考えを持つことと捉え、他の人が考えないようなことを考えることと捉えるだろう。...

感謝に出発した愛

みなさま、こんにちは♪いつもお読み下さり、本当にありがとうございます。さて、今日は、『悟りの極致とは何か~無限と永遠の果てに~』(大川隆法)より、少し引用してみたいと思います。第4章「多次元宇宙の秘密」の中の、菩薩の境涯において必要な愛について書かれた一節です。「この行為をすることはよいことだからしたほうがよい」とか、「これはそれほどよくないからしないほうがよい」といったことを心のなかで逡巡している...

心の世界をつかみきる

きょうは、幸福の科学総裁・大川隆法先生の『心の挑戦~宗教の可能性とは何か~』の第2章「仏性とは何か」から、心に響いた箇所を引用してみます。「心の世界をつかみきる」という節の中の文章です。心の世界というのは、確かに目に見えない世界です。しかし、だからといって、「目に見えない世界は存在しないのだ」と思ってはいけないのです。目に見えない世界こそが、人間の本質なのです。それを、実験か何かで確かめられるよう...

右サイドメニュー

ブログ内検索

Powered By FC2ブログ

FC2カウンター

映画『仏陀再誕』

左サイドメニュー

プロフィール

hlnq3jg9.png

百日紅!

Author:百日紅!
top_image.jpg

百日紅(さるすべり)は昔から大好きな花の一つ。
平仮名で書くとちょっとマヌケな感じがするのに、漢字で書くと情緒があって──そんなアンバランスなところも含めて、花自体、樹自体もさることながら、その名前にとても惹かれます。
そんなことから、ブログの筆名として採用してみました。
さしあたっては、幸福の科学の信者、ということ以外は謎のままにしておきます。
日々のブログの中で、徐々に謎は明かされてゆく予定。
乞う、ご期待!!

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ

  • seo

bnr_movie.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム